《“轟轟轟(ゴゴゴ)”ブランド》

“轟轟轟”ブランド MAS 火文明 (7)
クリーチャー:ビートジョッキー 9000
マスターG・G・G:自分の手札がこのカードだけなら、このクリーチャーをコストを支払わずに召喚してもよい。
スピードアタッカー
W・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分のマナゾーンに火のカードがあれば、カードを1枚引く。その後、自分の手札を好きな枚数捨ててもよい。こうして捨てた手札1枚につき、相手のパワー6000以下のクリーチャーを1体、破壊する。

DMRP-06で登場したビートジョッキー

能力マスターG・G・G」により、手札にあるカードがこれ1枚だけであれば、0コスト召喚できる。さらに、文明カードマナゾーンにあれば、cipにより、カードを1枚引いた後、手札を好きな枚数捨てることで、その数だけ6000の火力を放つ。

比較的早期からクリーチャーを展開する都合上、息切れを起こしやすいビートジョッキー【速攻】の弱点を補ってくれるカードである。

能力で特に目を引くのは、やはり何と言っても目玉能力マスターG・G・G。ノーコストでW・ブレイカーが飛んでくるのは《百万超邪 クロスファイア》の例を見ればわかる通り非常に強力。それがカードを1枚引きながら現れるのだから相手からすれば無視できない脅威となる。
一見すると条件はやや厳しいように見えるが、毎ターンなんらかのカードを2枚以上使用することができれば、必ずどこかでこの能力を発動する機会は訪れる。このカードが入るであろう序盤からガンガン攻めるタイプのデッキで、そのチャンスを作るのは特に難しいことでもないだろう。

次に注目したいのは、条件を満たす事で行えるドローとセルフハンデス能力。1ドローは手札が枯渇しやすい【速攻】としてはかなりありがたい能力。また、このカードマスターG・G・Gで召喚されることが多いため、このカードがバトルゾーンに出た時も、手札が0枚である事が多いだろう。そのため、このカードの能力でドローしたカードが《"轟轟轟”ブランド》だった場合、またしてもマスターG・G・Gでただで召喚することができる。当然確率的にそう簡単に2枚目の《"轟轟轟”ブランド》が引けるわけではないが、覚えておいて損はないだろう、
また、手札捨てることで放つパワー6000以下の除去も侮れない。邪魔なブロッカーシステムクリーチャーを狙い撃ちで破壊してやれる他、自分から手札を減らす事で後続のG・G・Gや、ノー・チョイスのサポートも行える。

総じて、速攻デッキの弱点を広くカバーでき、コンボデッキにも採用可能なマスターカードの名に恥じないクリーチャーであると言えるだろう。

  • Wizards of the Coastの真木孝一郎はこのカードの登場直後の時期に自身のツイッターで「1人では戦えない、アルゼンチン代表のサッカー選手であるリオネル・メッシのようなもの」という内容の評し方をしていた。ちょうどその頃は2018FIFAワールドカップの開催中であったため、時事ネタに絡めた格好となった。参考
  • 効果判明から登場までの間、このカードの評価はそれほど高くなかった。手札を1枚消費するごとに1体に6000火力というのがささやかで、能動的に手札を削るという行為が《プラチナ・ワルスラS》《ゼロの裏技ニヤリー・ゲット》による手札補充に慣れていた、新章デュエル・マスターズ環境での感覚が抜けきらないプレイヤーにあまり評価されなかった。ところが実際に登場すると、様々な【速攻】中速の出張パーツになる上に、2ターンキルを現実的に行えるというデュエマの歴史を変える速度から環境に定着した。
  • アニメ「デュエル・マスターズ!」ではボルツゲジスキー戦で使用。手札0の状態から4連続の今引きによって4体出し一気に逆転勝利した。
    演出面では、ストーリー上の《“罰怒”ブランド》が複数存在しないためか、他の3体が分身のような姿になっていた。また、ボルツの「1000回ブッ叩く」の宣言通り、ダイレクトアタック時には高速連続パンチをゲジスキーにお見舞いした。ちなみに実際のデュエルでは、今引きで4連続同じカードを引くのは確率的にはほぼありえないため、視聴者からは「仕込んでいる」と言われている。中には本気で批判する視聴者もいる。
    • アニメ15話でも4連続召喚を決めていた。しかし、なぜかその後のシーンで手札が4枚もあった。恐らく作画ミスだろう。
    • アニメ33話でも4連続召喚が行われており、もはやこのパターンは定着していると言っていい。ちなみにこの行為に関しては、でんでんに視聴者の気持ちを代弁するかのごとく「インチキ」と言われている。
    • 声を担当するのは《“罰怒”ブランド》と同じく林大地氏。ちなみに分身の一部の声はキラ《ヤッタレマン》でお馴染みの豊永利行氏が担当している。

関連カード

収録セット

参考


公式Q&A

Q.手札がない時に、墓地にこのクリーチャーがあり、バトルゾーンに《死皇帝ハデス》があります。「マスターG・G・G」を使用してコストを支払わずにこのクリーチャーを召喚することができますか?
A.いいえ、「マスターG・G・G」はこのカードが手札に唯一のカードであることを必要とする能力です。墓地にある場合はこのカードが手札にないので使用することができません。


Last-modified: 2018-12-10 (月) 11:27:22