《“轟轟轟(ゴゴゴ)”ブランド》

“轟轟轟”ブランド MAS 火文明 (7)
クリーチャー:ビートジョッキー 9000
マスターG・G・G:自分の手札がこのカードだけなら、このクリーチャーをコストを支払わずに召喚してもよい。
スピードアタッカー
W・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分のマナゾーンに火のカードがあれば、カードを1枚引く。その後、自分の手札を好きな枚数捨ててもよい。こうして捨てた手札1枚につき、相手のパワー6000以下のクリーチャーを1体、破壊する。
※殿堂入り

DMRP-06で登場したビートジョッキー

能力マスターG・G・G」により、手札にあるカードがこれ1枚だけであれば、0コスト召喚できる。さらに、文明カードマナゾーンにあれば、cipにより、カードを1枚引いた後、手札を好きな枚数捨てることで、その数だけ6000の火力を放つ。

能力で特に目を引くのは、やはり何と言っても目玉能力マスターG・G・G。手札がこのカード1枚であれば、ノーコストでスピードアタッカーW・ブレイカーが飛んでくるのは《百万超邪 クロスファイア》の例を見ればわかる通り非常に強力。しかも《百万超邪 クロスファイア》とは違って、同名クリーチャーがバトルゾーンにいても発動できる。発動条件はかなり緩く、毎ターンなんらかのカードを2枚以上使用することができれば、すぐにこの能力を発動する機会が訪れる。

早期からガンガン手札を消費していくデッキとはとても相性がいい。【ビートジョッキー】はもちろんのこと、手札が枯渇しやすいデッキならば、採用を一考すべきだろう。
例えば先攻ならば1ターン目にチャージしてコスト1を1枚、2ターン目にチャージしてコスト1を2枚使用した時点で残り手札が1枚のため、わずか2ターン目で条件を達成できてしまう。

他には《ニクジール・ブッシャー》《神出鬼没 ピットデル》《ヘブンズ・フォース》《凶鬼02号 ドゴンギヨス》など、序盤から手札を大量に消費するカードを使えば、後攻を取ってしまった場合のケアを行うこともできる。初手次第では1ターン目で登場する事すらあり得る。
そのため、2コストのコスト踏み倒しメタ《デスマッチ・ビートル》《奇石ミクセル》でも間に合わないことも。3ターン目以降に持ち込んでしまってもマスターG・G・G召喚であるため、《異端流し オニカマス》《洗脳センノー》などの一部の踏み倒しメタには引っかからない。数ある踏み倒し能力の中でもトップクラスのメタ耐性があると言っていいだろう。

次に注目したいのは、条件を満たす事で行えるドローディスカードによる火力除去。特にドローは、マスターG・G・Gの能力で召喚を達成した時点で手札は0のため、かなり気が利いた能力である。そして、手札捨てることで放つパワー6000以下の除去も侮れない。邪魔なブロッカーシステムクリーチャーを狙い撃ちで破壊してやれる他、自分から手札を減らす事で後続のG・G・Gや、ノー・チョイスのサポートも行える。

総じて速攻デッキの弱点を広くカバーでき、コンボデッキにも採用可能なマスターカードの名に恥じないクリーチャーと言える。

環境において

発売前の評価はあまり高くなかった。ノーコストで出せるとはいえ、手札をこれ1枚にしなければならないという条件が重く見られ、出してもパワーの高さと打点の大きさで勝る《轟く侵略 レッドゾーン》《蒼き団長 ドギラゴン剣》と比べると大した突破力はないと思われていたのだろう。手札を1枚消費するごとに1体に6000火力というのがささやかで、能動的に手札を削るという行為が《プラチナ・ワルスラS》《ゼロの裏技ニヤリー・ゲット》による手札補充に慣れていた、新章デュエル・マスターズ環境での感覚が抜けきらないプレイヤーにあまり評価されなかった。

ところが実際に登場すると、様々な【速攻】中速の出張パーツになる上に、2ターンキルを現実的に行えるというデュエマの歴史を変える速度から環境に定着し、多くのプレイヤーからハイスペックなカードと認識されるようになった。

DM・双マーク2ブロック構築環境では圧倒的な速度で環境を荒らしており、2018年全国大会九州エリア代表決定戦では上位32人中15人が《“轟轟轟”ブランド》を使用していた。

特に顕著であったのは【赤白“轟轟轟”ブランド】での活躍であり、メタクリーチャーを脇に並べることでS・トリガーなどをケアしながら殴ることができた。

拡張性の高さから手札消費の激しいカードや優秀なウィニー及び軽量呪文の多くと相性が良く、専用デッキではゲーム性を損なうほどの速度の【速攻】の主軸を担い、ビートダウン【速攻】デッキには大抵投入を検討できるカードパワー、引きが良ければノーコストで1枚から連鎖的に複数展開が可能な理不尽さなどで環境を荒らし続け、2019年7月1日に殿堂入りに指定された。マスターカード及びビートジョッキーからの殿堂入りは史上初で、新章デュエル・マスターズ以降のカードとしても《ガヨウ神》と並んで史上初の殿堂入りとなった。

アニメや漫画に登場し、パックの背景にもなった高レアリティのクリーチャーとしては登場から殿堂施行まで1年8日と最速クラスである。同レベルの速度の殿堂入りには《無双竜機ボルバルザーク》の1年20日がある(《FORBIDDEN STAR〜世界最後の日〜》/《終焉の禁断 ドルマゲドンX》は発売日当日、《禁断〜封印されしX〜》/《伝説の禁断 ドキンダムX》は発売3日前に殿堂入りとなっているが、これらの処置は特例のため《無双竜機ボルバルザーク》らとは事情が異なる)。しかも、発売前の評価の低さとは裏腹に、環境で躍進し続けたという面においても、《ボルバルザーク》と似通っている。

登場から1年経ったとはいえ、殿堂入りが発表された時点でのアニメでは未だにボルツの切り札として使われていたこのカードが殿堂入りするというのは、それだけ緊急の対応が必要だったという事だろう。

その他

  • 【レッドゾーン】とも相性がいい。【レッドゾーン】では、手札の消費が激しい連続侵略の欠点を補うことができる。
  • 火力の処理としては、1体選ぶことを捨てた枚数分行い、1度に選んだクリーチャー全てを破壊する。その際、破壊は1体につき1度しか行わない。
  • Wizards of the Coastの真木孝一郎はこのカードの登場直後の時期に自身のツイッターで「1人では戦えない、アルゼンチン代表のサッカー選手であるリオネル・メッシのようなもの」と評していた。ちょうどその頃は2018FIFAワールドカップの開催中であったため、時事ネタに絡めた格好となった。参考
  • アニメ「デュエル・マスターズ!」ではボルツゲジスキー戦で使用。手札0の状態から4連続の今引きによって4体出し一気に逆転勝利した。
    演出面では、ストーリー上の《“罰怒”ブランド》が複数存在しないためか、他の3体が分身のような姿になっていた。また、ボルツの「てめえは1000回すり潰す」の宣言通り、ダイレクトアタック時には高速連続パンチをゲジスキーにお見舞いした。ちなみに実際のデュエルでは、今引きで4連続同じカードを引くのは確率的にはほぼありえないため、視聴者からは「仕込んでいる」と言われている。中には本気で批判する視聴者もいる。
    • アニメ15話でも4連続召喚を決めていた。しかし、なぜかその後のシーンで手札が4枚もあった。恐らく作画ミスだろう。
    • アニメ33話でも4連続召喚が行われており、もはやこのパターンは定着していると言っていい。ちなみにこの行為に関しては、でんでんに視聴者の気持ちを代弁するかのごとく「インチキ」と言われている。
    • しかし上記の通り《“轟轟轟”ブランド》の殿堂入りが決定したため、今後本編でボルツが4連続召喚を披露することはないと言っていいだろう。
    • 声を担当するのは《“罰怒”ブランド》と同じく林大地氏。ちなみに分身の一部の声はキラ《ヤッタレマン》でお馴染みの豊永利行氏が担当している。

関連カード

収録セット

参考


公式Q&A

Q.手札がない時に、墓地に《“轟轟轟”ブランド》があり、バトルゾーンに《死皇帝ハデス》があります。「マスターG・G・G」を使用してコストを支払わずにこの《“轟轟轟”ブランド》を召喚することができますか?
A.いいえ、「マスターG・G・G」はこのカードが手札に唯一のカードであることを必要とする能力です。墓地にある場合はこのカードが手札にないので使用することができません。
引用元