《“罰怒(バッド)”ブランド》

“罰怒”ブランド MAS 火文明 (7)
クリーチャー:ビートジョッキー 9000
マスターB・A・D(このクリーチャーを、コストを2少なくし、さらに、このターンに召喚した自分の他の火のクリーチャー1体につき追加で2少なくして召喚してもよい。そうしたら、このターンの終わりに自分のクリーチャーを1体破壊する。ただし、このクリーチャーのコストは0以下にならない)
W・ブレイカー
自分の火のクリーチャーすべてに「スピードアタッカー」を与える。

DMRP-02で登場したビートジョッキー

マスター契約によって真の姿を現した《“罰怒”ブランド Ltd.》

B・A・Dの上位能力であるマスターB・A・Dを持っており、通常のB・A・Dと同じく自身の召喚コスト軽減能力に加え、同じターン中に他のクリーチャー召喚する事でさらに召喚コストを2ずつ下げることができる。
これにより最低でも5マナ、軽量クリーチャーの事前の展開次第でさらに3マナ、1マナと軽いコストで召喚することができる。

この能力は自分の火のクリーチャー全てにスピードアタッカーを与える、2つ目の常在型能力と大変噛み合っており、奇襲性能は抜群。
コストを軽減する《一番隊 チュチュリス》や、後述する《ダチッコ・チュリス》などと組み合わせることで、序盤から小型獣と共に猛攻をしかけることが可能。

また、通常のB・A・Dならコスト軽減した自身をターンの終わりに破壊しなければならないが、マスターB・A・Dを持つ《ブランド》の場合は他のクリーチャー破壊することでバトルゾーンに留まることができる。破壊された時にキャントリップできる《アッポー・チュリス》や、B・A・Dの使用で自壊が確定している他のビートジョッキーと組み合わせると効率的だろう。

ただし、これは自壊がどれか1体の破壊に成り代わることになるので、《“罰怒”ブランド》自体が除去された場合は、ターンエンドを迎えると着実にフィールドアドバンテージを1つ損することになる。わざわざ破壊が確定しているB・A・DS・トリガー等で狙う相手は少ないだろうが、《オリオティス・ジャッジ》等に対する耐性は他のB・A・Dより脆弱である。

《ダチッコ・チュリス》との相性は最高の一言。ダチッコで3、マスターB・A・Dで4、それぞれ軽減されるので、《ダチッコ・チュリス》を出すだけで1マナで召喚することが可能になる。余裕があれば《ダチッコ・チュリス》の軽減を他のクリーチャーに割り振っても同様に1コストで召喚できる。
また、G・ゼロとの相性も、召喚扱いで踏み倒せるのでかなりのもの。特に、ややデッキ構築が専用的なものになるものの、《無重力 ナイン》との組み合わせは特筆すべきものがある。踏み倒しメタの《単騎連射 マグナム》や防御札の《終末の時計 ザ・クロック》は自然とデッキに投入できるアウトレイジなので、G・ゼロの条件を達成しやすい。その際は、1マナで召喚できる《飢えと乾き ケローラ》や、もう1つのG・ゼロを持ったアウトレイジである《百万超邪 クロスファイア》辺りも候補に入るか。

  • 能力の性質上、火のクリーチャーであればG・ゼロ等を手札に溜め込めば溜め込むほど威力を発揮する。そのためプレイング次第では、返しのターンに出すことを前提とした《メガ・マグマ・ドラゴン》が全く刺さらないケースもある。

関連カード

収録セット

参考