《“魔渋(マッシブ)”チュリス》

“魔渋”チュリス C 火文明 (5)
クリーチャー:ビートジョッキー 1000+
B・A・D 2
スピードアタッカー
バトル中、このクリーチャーのパワーを+6000する。

DMRP-03で登場したビートジョッキー

B・A・D2とスピードアタッカーバトルパワーが+6000される能力を持つ。

6000ものパンプアップは中々大きい。しかし殴り返しの為だけで5コスト支払うのはやや寂しい。これで相手のタップクリーチャー殴り返したいのなら、呪文を使った方がコストパフォーマンスが良いだろう。B・A・Dを使えば3コストで早期召喚可能だが、ターン終了時に自壊する、つまり使い切りになってしまう事を考えると、それこそ呪文でよいのではないかという話である。

一見、何とも言えないスペックだが、コストが5のため侵略と相性がいい。コスト5以上という事で、《超音速 ライディーン》《革命類侵略目 パラスキング》などに侵略可能。
もっとも、折角侵略してもB・A・Dを使って出したのならば、侵略先も破壊されて使い切りとなってしまう。同じ使い方をするならば、5コストでもcip持ちの《“陽々”スピン》の方が強いのが残念。

  • 現実のボディビルダーの多くは筋肉増強剤などの薬物を過剰に使用することによって引退後に後遺症を負ってしまったり健康を害してしまったりしてしまうケースが多い。B・A・Dで自壊するのはそのことに対する皮肉なのであろうか。

フレーバーテキスト

収録セット

参考