《“乱振(ランブル)舞神(マシン) G(ジー)W(ダブル)D(ディー)

“乱振”舞神 G・W・D SR 火文明 (6)
クリーチャー:ビートジョッキー 5000
B・A・D2
スピードアタッカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時または攻撃する時、相手のクリーチャーを1体選んでもよい。その選んだクリーチャーとこのクリーチャーをバトルさせる。
このクリーチャーは、可能なら毎ターン、相手プレイヤーを攻撃する。
自分のクリーチャーがバトルに勝った時、カードを1枚引く。

DMRP-04魔で登場したビートジョッキー

B・A・D2持ちのスピードアタッカーであり、cipおよびアタックトリガーで相手クリーチャー1体と効果バトルする能力と、自分のクリーチャーバトルに勝った時ドローする能力を持つ。ただし、可能であれば相手プレイヤーを攻撃するデメリットを持つ。

B・A・D2により、単体でも実質4コストで最大2体除去2ドローと破格の性能を誇る。
ただ単に呪文ではないバージョンの《デモンズ・ライト》として使ってもよいし、ダメ押しのために打点補強として利用しても無駄が無い。

置きドローとして長期的なアドバンテージを取るなら、【ビートジョッキー】に採用して《ダチッコ・チュリス》からB・A・Dを使わず着地させるとよい。双極篇環境初期における【ジョーカーズ】対面では《ガンバトラーG7》軸でもそこまで3ターンキルが安定しないため、多くの場合は一方的に相手の盤面を焼いて勝ちに行ける。

可能であれば攻撃するデメリットは、上記の置きドローとしての運用の際にS・トリガーを踏みに行ってしまう可能性があるためやや厄介。
一方、B・A・D使用前提で使う場合、攻撃したくないなら出さなければよいだけの話であり、出せば後でどのみち破壊されるため、除去の心配も少ない。あまり無いが、シールドをブレイクしたくない場合はバトルの対象を大型クリーチャーにして自爆する事も出来る。

コスト軽減メタに弱いという点も、《制御の翼 オリオティス》《絶対の畏れ 防鎧》を焼ける圏内にあるため心配がない。山札の下に送られてもドローにより遅れを挽回できる。


環境において

双極篇序盤から中盤の環境では【赤青ドギラゴン剣】【トゥリオドギラゴン剣】のパーツとして利用されている。あちらの場合はビートジョッキーサポートは積まれずB・A・Dを前提とした単独採用がメインでありそうするとクリーチャーが残りづらいが、自軍のクリーチャーの数を参照する相手のカードの起点にならないという利点がある。

DMGP-7th』(DM・双マーク2ブロック構築)ではTop32進出者中8人が使用と、使用率2位タイを記録。

【青黒ハンデス超次元】の中にはこれを採用したいがために火をタッチして青黒赤に仕上げるケースまで見られた。

しかしDMRP-08発売直前の環境になると流行している【赤白“轟轟轟”ブランド】にはマナブースト無しで到達する4マナで出すこのカードすら遅く感じられるようになった。余りにも《奇石 ミクセル》が増えたため、《奇石 ミクセル》が立っていると1回バトルしただけで山札の下に強制送還されて半分出落ちになるという面が目立つようになった。【赤青ドギラゴン剣】【トゥリオドギラゴン剣】が準環境に転落したのも大きい。

双極篇環境終盤では【赤黒ドギラゴン剣】での採用が目立つが、実際にプレイするのは【赤白“轟轟轟”ブランド】に対して手打ちしてよし、S・トリガーで捲ってよしという《ゼンメツー・スクラッパー》の方が目立ち、このカードは何が何でも使いたいカードとまでは行かなくなった。


その他

  • 類似スペックに《印鑑D》がいる。あちらはバトル時に強大なパワーを発揮する為にこちらのお株を奪いつつある。

関連カード

収録セット

参考