《“龍装(ドルガン)”チュリス》

“龍装”チュリス R 火文明 (5)
クリーチャー:ドラゴンギルド/ビートジョッキー 5000
B・A・D2(このクリーチャーを、コストを2少なくして召喚してもよい。そうしたら、このターンの終わりにこのクリーチャーを破壊する。)
スピードアタッカー

DMRP-04魔で登場したドラゴンギルド/ビートジョッキー

B・A・D2で早期に出せるスピードアタッカー

一見するとただのB・A・Dによる攻撃要員だが、このクリーチャーの最大の強みはドラゴンであること。「実質3コストのSAで自壊するドラゴン」という性能は、軽量のドラゴン指定進化元として活用したり特攻しB・A・Dで敢えて自壊させる事で《ダーク・ルピア》効果を早期に使用したり《黒神龍グールジェネレイド》を出すことができるなど、ドラゴン種族が有効に生かされる場面や組み合わせが多い。しかし、このカードの真価はそこにはない。

このカードの最大の強みは、革命チェンジとの相性。コスト5のドラゴンという革命チェンジ中最も重い条件をたった3マナで満たせるスピードアタッカーであるため、あの環境の覇者であった《蒼き団長 ドギラゴン剣》を3ターン目にして1回の革命チェンジでバトルゾーンに出すことが可能となった。しかも、革命チェンジで手札に戻せば、B・A・Dによる自壊を回避することができ、事実上デメリットのなしのコスト軽減になる。

最高クラスからは他にも、《ドギラゴン剣》の呼び出しのサポートになる《三つ星鉄人 ミシュラ》、序盤からシールド差を大きくつけることで勝負を盤石にする《武闘世代 カツキングJr.》、このクリーチャー自壊除去に変えられる《D2M2 ドグライーター》などが、早期に安定した革命チェンジができることの恩恵を特に受けやすい。

単体で攻めるなら《シン・ガイギンガ》と合わせても良い。
コスト5のドラゴン」より緩い条件のものと合わせてもよく、DMRP-04魔時点でが条件の革命チェンジすべてにアクセス可能。主体でさえあればあらゆる革命チェンジデッキに対して投入候補となりうる。

革命チェンジを使うデッキを使用する際はもちろん、相手にする場合もこのカードの存在を考慮、警戒していきたい。

フレーバーテキスト

収録セット

参考


Last-modified: 2019-01-22 (火) 16:04:52