《「終焉(しゅうえん)」の(いただき) オーエン・ザ・ロード》

「終焉」の頂 オーエン・ザ・ロード P 光文明 (11)
クリーチャー:デーモン・コマンド/アンノウン/ゼニス 11500
ブロッカー
W・ブレイカー
このクリーチャーが召喚によってバトルゾーンに出た時、自分の墓地のカードをすべて山札に加えてシャッフルする。その後、自分の山札の上から3枚を裏向きのまま、それぞれ新しいシールドとしてシールドゾーンに置いてもよい。
自分のクリーチャーがバトルゾーンを離れる時、かわりに自分のシールドを2つ、手札に戻してもよい。(ただし、それらの「S・トリガー」は使えない)

DMBD-06で登場したデーモン・コマンド/アンノウン/ゼニス

召喚能力により、自分の墓地カードすべてを山札に加えてシャッフルした後、自分の山札の上から3枚をシールドゾーンに置くことができる。さらに、自分のクリーチャーバトルゾーン離れる時、かわりに自分のシールドふたつを手札に戻すことができる能力を持つ。

《怒流牙 サイゾウミスト》のように山札の回復と3枚のシールド追加を行い、常在型能力として自分のクリーチャーに擬似真・エスケープ付与する。

《クリスティ・ゲート》および《ヘブンズ・ゲート》の対象ではあるが「召喚」でないと能力が使えない為、そちらで使う上ではパワーも打点も勝る《新・天命王 ネオエンド》に軍配が上がる。
差別点は此方は自分のクリーチャー全てが対象になる点と《天運ゼニスクラッチ》《極頂秘伝ゼニス・シンフォニー》の対象である点。特に後者なら自身や他のゼニスを踏み倒しても場に留められるので相性がよい(どうせならS・トリガーを使えればもっと良かったが)。

  • デーモン・コマンドである事から、名前の由来はアガサクリスティの小説「そして誰もいなくなった(原題: And Then There Were None)」の登場人物「U.N.オーエン」(U.N.Owen,ちなみに由来は「UNKNOWN」)と、アメリカの終末もの小説あるいはその映画化作品「ザ・ロード(The Road)」と思われる。
    • もしくはデータの「セーブ(save)」と「ロード(load)」にひっかけて、《「創世」の頂 セーブ・ザ・デイト》に語感を合わせたのか、あるいは君主の方の「ロード(lord)」の事なのか。色々と考えさせられるネーミングである。収録カードフレーバーテキストから考えると「セーブ」に対する「ロード」説が有力だが「これら全て」が由来という線も十分考えられる。

関連カード

収録セット

参考

公式Q&A

Q.「エターナル・Ω」を持つクリーチャーがバトルゾーンを離れる時、このクリーチャーの能力でシールドを2つ手札に戻すことはできますか?
A.はい、可能です。「エターナル・Ω」もこのクリーチャーの能力もどちらも置き換え能力ですので、どちらかを選んで使うことができます。どちらかを適用した場合、もう一方はそれ以上適用することができなくなります。