《たぴおかぴ》

たぴおかぴ C 自然文明 (6)
クリーチャー:グランセクト 6000
W・ブレイカー
このクリーチャーは、これよりパワーが小さいクリーチャーにブロックされない。

DMRP-06で登場した自然グランセクト

見ての通り《ブルーザー・クヌーギ》の下位種。
《ブルーザー・クヌーギ》を基準にすると7コストパワー7000から1コスト下がって6コストでパワーが2000引かれて5000になるはずだが、そこは登場時期の違いによるパワーラインの上昇というか、あちらよりはコスト論的にはパワー1000だけ上方修正が掛かっている。

当然、《ブルーザー・クヌーギ》が《バロン・ゴーヤマ》というサポートありきのクリーチャーであることから、このカードもそれに対応したサポートが無いと話にならない。

ただ、グランセクトの種族デッキとしては【ゲイル・ヴェスパー】という「高速で無色ゼニスや自然単色の超大型を、4ターン目から5ターン目あたりに並べられるデッキ」があるので、それと比べれば、例えば4マナ程度払って《バロン・ゴーヤマ》的なサポートカードを投げてこれをシュートしたとしてもメリット的にごくささやかであると言える。

  • 名前の由来は食物のタピオカ (tapioca) と動物のオカピ(Okapi)。イラストには紙カップに入ったタピオカ飲料を飲んでいるオカピの姿が描かれている。

関連カード

フレーバーテキスト

収録セット

参考