《ほめほめ(ろう)/ホメホメ老句(ロック)

ほめほめ老 P 火文明[ジョーカーズ] (7)
クリーチャー:ジョーカーズ 7000
J・O・E2
スピードアタッカー
W・ブレイカー
スマッシュ・バースト
ホメホメ老句 P 火文明[ジョーカーズ] (2)
呪文
カードを3枚引く。その後、自分の手札を2枚、相手に見ないで選ばせ、捨てる。

DMEX-04で登場したジョーカーズツインパクト

クリーチャー面は《ツインキャノン・ワイバーン》と同じスペックJ・O・E2とスマッシュ・バーストが付いたデザイン。

呪文面は2マナで3枚(スマッシュ・バーストで唱えた場合は2枚)墓地肥やしするというもの。
《エマージェンシー・タイフーン》等と同じく、「捨てる枚数=引く枚数−1」なので、唱えた後の手札の枚数は変わらない。
同じ火文明の《勇愛の天秤》と比べると、単純に肥やす枚数にも差があり、さらにこちらはこの呪文そのものが「墓地クリーチャーの枚数」としてカウントできる。
最低でもコストを上回る枚数の墓地肥やしができるため、《フェアリー・ギフト》のような感覚で使って《暴走龍 5000GT》コスト軽減できる。
デメリットとしてディスカードするカードは自分で選ぶことができなくなっている。引いた後にカード捨てるため、これで引いたカード・あらかじめ握っていたカードどちらが落とされるかわからない。

墓地肥やしを活かすデッキで、かつキーカードをあまり定めないか、即回収できるような構築であれば光る。
具体的には【墓地ソース】【ドルマゲドンX】など。

こと【墓地ソース】では、2ターン目に呪文面を打って、3ターン目に《終焉の開闢》でランダムディスカードによって落としてしまったキーカードを回収しつつさらに墓地を肥やせば、墓地回収した分を差し引いても《一なる部隊 イワシン》なしで《百万超邪 クロスファイア》G・ゼロを満たせる。
クリーチャー面もパワー7000なので、味方の《暴走龍 5000GT》ロックに引っかからない強みもある。
《一なる部隊 イワシン》による補助に依存しない赤黒軸の【墓地ソース】では新戦力となった。

  • 《ホメホメ老句》と同コスト火文明ツインパクトには、墓地が2枚しか肥やせない代わりにランダムなディスカードがない《「アフロ行きま〜す!!」》がある。1ディスカード2ドローなので唱えた後の手札の枚数は変わらない点は同じだが、捨てる手札がない場合は単純な2ドロー呪文になる違いもある。
  • 能力が判明したばかりのころは、呪文面のディスカードを相手に選ばせることから酷評されていたが、【墓地ソース】との好相性が注目されると、高評価を受けるようになった。
  • クリーチャー面が「ほめほめ」(ひらがな)、呪文面が「ホメホメ」(カタカナ)である。表記の際は注意。

関連カード

フレーバーテキスト

  • DMEX-04
    すごい所があってもなくてもすごいのぅ〜!!

収録セット

参考