《ア・ストラ・ゼーレ》

ア・ストラ・ゼーレ MAS 水文明 (6)
オレガ・オーラ:トリックス/デリートロン +6000
これを付けたクリーチャーに「パワード・ブレイカー」を与える。(「パワード・ブレイカー」を持つクリーチャーは、そのパワー6000ごとにシールドをさらに1つブレイクする)
これをクリーチャーに付けた時、そのクリーチャーよりパワーが小さい相手のクリーチャーをすべて、持ち主の手札に戻す。こうして6体以上が手札に戻されたなら、このターンの後にもう一度自分のターンを行う。
オレガ・オーラ:これを自分のGRクリーチャー1体に付けるか、1体GR召喚してそれに付ける。そのクリーチャーがバトルゾーンを離れたら、これも同じゾーンに行き、その後、そのGRクリーチャーは自分の超GRの一番下に戻る。

DMRP-09で登場したトリックス/デリートロンオレガ・オーラ

これを付けたクリーチャーパワード・ブレイカーパワー+6000を与え、パワー変動型の一斉バウンスを相手に行う。バウンス時、戻したクリーチャーの数が6体以上ならエクストラターンを行える。

相手のクリーチャーを6体以上戻すという条件は《伝説の正体 ギュウジン丸》を彷彿させる。
エクストラターンを達成するのは難しいが、オーラの重ね掛けなどをしてパワーが上がればその除去範囲は飛躍的に上がってくる。
パワード・ブレイカーによる大量ブレイクも合わさって簡単に勝負を決められるだろう。
あわよくばエクストラターンが決まればS・トリガーも怖くない。

同弾の《The ジョラゴン・ガンマスター》《煌銀河 サヴァクティス》などの強化を目的に、味方のクリーチャーを並べる相手に対してはメタとして機能する。
また《極幻夢 ギャ・ザール》を使って踏み倒しプレイできるコストであり、恐らくデザイナーズコンボだろう。

登場後の環境ではオーラデッキとは一見関係の無い【チェンジザドンジャングル】に出張している。《ドンジャングルS7》コスト踏み倒しに反応する《異端流し オニカマス》を退かせるのと打点形成がしやすいのが大きいのだろう。

  • このカードの登場により、マスター系列の単色カードがすべての文明に揃うことになった(ただし、純粋なマスターカードとしては闇文明のみ登場していない)。

収録セット

参考


公式Q&A

Q.最後の能力で、相手の通常クリーチャーを2体とGRクリーチャー4体を手札に戻しました。GRクリーチャーは超GRの下に行ってしまいましたが、このターンの後にもう一度自分のターンを行うことはできますか?
A.はい、できます。GRクリーチャーはバトルゾーンでないゾーンに行った場合、超GRの下に行きますが、この場合一度手札を経由していることに変わりはありません。
引用元