《アクア・ジェット》

アクア・ジェット C 水文明 (5)
クリーチャー:リキッド・ピープル/ハンター 2000
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、バトルゾーンにある自分のハンター1体につき1枚、カードを引いてもよい。

DMR-01で登場したリキッド・ピープル/ハンター
バトルゾーンにある自分のハンター1体につき1枚ドローするcip能力を持つ。

自身もハンターであるため最低でも1ドローは可能であり、損することは少ない。ハンターにはハンティングなど含め、展開することで能力を使用、もしくは共有するものが多いため、それらのサポートとしてこのカードドロー能力は魅力。このカードドローからさらなる展開につなげても良し、このカードで引いてきた進化クリーチャーを、次のターン辺りにこのカードから進化しても良いだろう。

収録当初、軽量ハンターバニラクリーチャーが多くを占めていたためにやや使いにくかったが、《若頭の忠剣ハチ公》《ヤッタレ・ピッピー》《アパッチ・ヒャッホー》など優秀な軽量ハンターも増えてきているため、相対的にこのカードも強化されている。

  • 似たようなカードに《ヘルコプ太》がある。あちらは種族がジョーカーズになった事で大会でも活躍を残しているが、こちらはその様な記録が殆ど無い。やはり、《パーリ騎士》《メイプル超もみ人》などに代表される3マナ加速ウィニーの有無が大きかったのだろう。3→5の繋がりが種族内だけでは出来ないので、《ヤッタレ・ピッピー》を逃すと4ターン目に2体程度展開しながらこのクリーチャー召喚することができない。
    • 地味に水マナが必要になるため、デッキ内の水マナ確保に手間取る事も。そうゆう意味でもマナの文明が必要ない《ヘルコプ太》は召喚のし易さで優れているだろう。

関連カード

フレーバーテキスト

収録セット

参考