《アクア・マスター》

アクア・マスター SR 水文明 (6)
クリーチャー:リキッド・ピープル 4000
このクリーチャーが相手プレイヤーを攻撃してブロックされなかった時、相手のシールドをひとつ選び、表向きにする。(シールドゾーンにある間、そのシールドは表向きのままプレイする)

DM-09で登場したリキッド・ピープル

シールド表向きにするという珍しい能力を持つが、そのスペックは余りに貧弱。
デュエル・マスターズ史上最弱のスーパーレアとの呼び声も高く、「デュエル・マスターズではレアリティと強さが必ずしも一致しない」という教訓を体現した、別な意味で貴重な存在である。

シールドを永続的に表向きにするという能力自体は面白い。しかしプレイヤーに攻撃を通すことが誘発条件であり、このクリーチャー自体のパワーが極端に低いため「攻撃を通す」こと自体に苦労が伴う。その上シールド表向きにするという能力は直接アドバンテージが取れない……という自己完結しすぎたジレンマを持っている。

一応「表向きにしたシールドがS・トリガーなら別のシールドをブレイク」→「S・トリガー以外なら目標のシールドをブレイク」という解決手順を踏むことでS・トリガーを1度だけ確実に回避可能。
ただ、それだけが目的ならば《リキッド・スコープ》《処罰の精霊ウラルス》等、cip能力や呪文などの即効性・確実性にすぐれる選択肢を取ることも可能であり、わざわざこのカードを投入する必然性は薄い。

おまけにW・ブレイカーを持っておらず、打撃力は低い。アドバンテージが取れないこのカードよりは、6マナ7000のW・ブレイカー持ちを使った方がまだ働いてくれるということも多い。

アタックトリガーではなくブロックされなかった時にトリガーするため、このカードを侵略元にした場合はシールドを表向きにする能力はトリガーしない。それ以前に6マナでコマンドも持たず、スピードアタッカーも踏み倒し能力もないこのカードが侵略元に採用されることなどまずない。

唯一かつ最大の長所は種族。同じ種族でコスト6の《アクア・サーファー》などには遠く及ばないが、種族を統一したファンデッキのお供に1枚ほど挿しておくと、別な意味で相手の意表を突けるかもしれない。

このようにデュエルでの性能は散々ではあるが、そのお陰でネタカードとしての立場を確立するに至っている。その意味では他の多くの下位互換達よりかは遥かにマシだと言えるだろう。

  • 「相手のシールドを表向きにしてゲームを続行する」ので、シールド・プラスなどで多重化されているシールドを指定した場合には、そのすべてを表向きにすることが可能(多重化したカードの束を1枚のシールドとみなす為)。ただし「本来は相手にも非公開のシールドが公開情報になる」ので、相手側が《アクア・スーパーエメラル》などのカードをデッキに入れていた場合、シールド操作などの手助けをしてしまうなど裏目に出ることもある。
  • このテキストは《陽炎の守護者ブルー・メルキス》風の能力を意図したものだったのではないか(表向きにして「プレイ」する=「唱える」と読み取れなくもない)、という解釈もあるが、公式裁定は前述の通りシールドを表向きにするだけである。どちらにしろ分かりにくいテキストであることは間違いなく、英文テキストを曲解して訳した可能性は高い。しかし、英語版テキストも同じなので間違いであるとも言いきれない。
  • 最初に指定したシールドがシールド・ゴー持ちだった場合、そのシールドをブレイクすることで擬似的なシールド焼却が可能である。登場から足かけ10年を経て、どうにか実用性を得ることはできたようである。が、その場合も即効性と確実性を兼ね備えた《冥府の覇者ガジラビュート》の方がいいだろう。
  • 別冊コロコロコミックで連載されていた「D・M激王伝 ゲット」では敵として登場。負傷しない液体の身体を持ち、《特攻隊長マイキー》を始めとする火属性のクリーチャー達を襲撃した。その後ゲットと戦闘し彼を苦しめるも、雷が弱点である事を見抜かれて倒された。

関連カード

フレーバーテキスト

  • DM-09
    「己の弱さが敗北させるのだよ!」 ――アクア・マスター
  • DMX-12
    相手が強かったのではない。己が弱かっただけだ!――アクア・マスター

収録セット

参考


Last-modified: 2018-12-30 (日) 02:32:53