《アストラル・リーフ》

アストラル・リーフ VR 水文明 (2)
進化クリーチャー:サイバー・ウイルス 4000
進化−自分のサイバー・ウイルス1体の上に置く。
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、カードを3枚引いてもよい。
※殿堂入り

DM-04で登場した初代進化サイバー・ウイルス
環境に存在する間、その理不尽なまでの強力さでメタゲームの中心に居座り続けていたカードである。

基本的に進化クリーチャー進化元となるクリーチャーディスアドバンテージにしてバトルゾーン召喚されるため、多少なりともコストに対してオーバースペックにデザインされているが、《アストラル・リーフ》はそれをして余りあるほどのスペックを備えている。

2マナ(と特定のフィールドアドバンテージに重ねることによるハンドアドバンテージ−1)という代償に対して、
3枚の手札補充をしながら、召喚酔いのないパワー4000のクリーチャーが出てくる
という、これだけでゲームを決めかねない絶大なアドバンテージを叩き出すことができ、ゲームバランスを崩壊させるには十分すぎるものだった。

何よりこのカードと同じエキスパンションに1マナ進化元《マリン・フラワー》が存在したことがこのカードの隆盛を助長したと言える。
《マリン・フラワー》のせいで2ターン目にしてパワー4000の攻撃可能なクリーチャーに加え、手札アドバンテージ1:3交換という鬼畜な展開が可能であったため、ほとんどのデッキでは両方のカードが4枚ずつフルに投入された。

殿堂入りしている現在でも、サイバー型の【青単速攻】では必須カードと言えるほど強力。運よく引けたならば《マリン・フラワー》《フォーチュン・ボール》《T・アナーゴ》などから進化して、ドローしつつ攻め込める。

ただし、エピソード2以降の【サイバー青単】の主力はサイバーロードからしか進化できない《エンペラー・ベーシックーン》となってきている。こちらはサイバー・ウイルスから進化するので、併用したい場合は進化元の比率などを慎重に調整するべきだろう。

ドローしながら現れる召喚酔いしないクリーチャーであるため、革命ファイナルで登場した革命チェンジとも相性抜群である。
革命チェンジ元として手軽に手札へ戻せるため、複数回にわたって強力なcipを使いまわすことができる。

しかしサイバー・ウイルスと言う種族そのものへの冷遇が長期間続いており、このカードを投入する場合は進化元サイバー・ウイルスもある程度投入しなければならなくなる点は無視できないデメリットになっている。
とはいえ仮にも初代殿堂入りカード、簡単には殿堂解除はされないだろう。

  • 「リーフ」とは、誤解されやすいが『葉っぱ』(leaf)ではなく『礁』(reef)のこと。有名なものでグレートバリアリーフなどがある。

関連カード

フレーバーテキスト

収録セット

参考


Last-modified: 2018-11-10 (土) 18:02:07