《アルティメット・ドラゴン》

アルティメット・ドラゴン SR 火文明 (6)
クリーチャー:アーマード・ドラゴン 5000+
このクリーチャーのパワーは、バトルゾーンにある自分の他のドラゴン1体につき+5000される。
クルー・ブレイカー:ドラゴン

DM-10で登場したアーマード・ドラゴン

クルー・ブレイカーを持つ。クルー・ブレイカーで参照される種族ドラゴン全体。
もう1つのパンプアップ能力も含めて、仲間のドラゴンが大量に出ている場面ではオーバーキル気味の強さを誇る。

《アルティメット・ドラゴン》自体はやや軽めで並べやすいが、単体で場を制する事ができる能力を持つドラゴンの中において、複数のカードがないと真価を発揮できないこのクリーチャーは使いにくい面も。

とはいえ、場にドラゴンを1体出しておくだけで6マナパワー10000・W・ブレイカーと、アタッカーとして十分なスペックになる。
【連ドラ】ならば場に仲間のドラゴンが1体も居ないという状況はほぼありえないので、【連ドラ】のアタッカーとして入れてみるのもいいかもしれない。

天井知らずのパワーは魅力的だが、反面単調な攻め方しか出来ないため、ブロッカーを数体並べられただけで止まる事も多い。メインアタッカーに据える場合、《熱血龍 GENJI・XXX》などのブロッカー対策も用意しておきたい。

ドラゴノイドを並べ、《レジェンド・アタッカー》唱えると一気にパワーアップできる。《ビックリ・イリュージョン》を使うのも良い。
《無双龍聖ジオ・マスターチャ》《武装竜鬼ジオゴクトラ》でも可能であり、全てのクリーチャーに効果があるわけではないが、永続的に効果が続く。

  • 同じ6マナのドラゴンの比較対象として、《神滅竜騎ガルザーク》が挙げられるだろう。あちらはドラゴンが何体いてもパワーアタッカー+6000(アルティメット・ドラゴンは永続的にパワーが上がる)とT・ブレイカーだが、代わりに攻撃されない。もっとも、パワーが10000を越していればそう攻撃してくるクリーチャーはいない、とも考えられるので、使い分けたりどちらも入れてみたりして、自分のデッキに合った方を選ぼう。
  • DMC-51に収録されたものは、新イラストの派手さもあり、クリーチャーの文字が左にずれている。

関連カード

フレーバーテキスト

  • DM-10
    無限の翼が、世界を覆い尽くす。
  • DMC-36
    竜の気が世界に満ち、その咆哮が天に届く時、アルティメット・ドラゴンは全てを超越する。
  • DMC-51
    世界が赤き炎で染まり、その竜は全てを超えて無限となる!

収録セット

参考