《イッツ・ショータイム》

イッツ・ショータイム R 水文明 (8)
呪文
相手は進化ではないクリーチャーを好きな数、自身の手札からバトルゾーンに出してもよい。その後、自分は、その中でコストが一番大きいクリーチャー以上のコストを持つクリーチャーを1体、手札からコストを支払わずに召喚してもよい。(相手がこのようにしてクリーチャーをバトルゾーンに出さなかった場合、自分の好きなクリーチャーを手札からコストを支払わずに召喚してもよい)

DMR-20で登場した呪文

ハイリスク・ハイリターンなコスト踏み倒し効果を持つ。

まず先に、相手に手札から非進化クリーチャーを好きなだけコスト踏み倒しさせ、その中の最大コストと同じかそれ以上のコストを持つクリーチャーをノーコストで召喚できる。

使う上で克服すべきは、相手のコスト踏み倒しを許してしまう点だろう。
《百発人形マグナム》等の踏み倒しメタを置いたり《ロスト・ソウル》等のハンデスを駆使してそもそもコスト踏み倒し自体をさせないようにするなど、一工夫必要となる。
逆に相手がコスト踏み倒しメタを並べてくると、続く自分の踏み倒しが制限されてしまうため、それらへの警戒もしなくてはならない。

そして、それを突破して、ようやく自分が1体をノーコスト召喚できる。
ただし、出されたクリーチャーの中で最大コスト以上のクリーチャーしか出せないという条件付き。
セットで使ってくださいと言わんばかりの《伝説の正体 ギュウジン丸》《「修羅」の頂 VAN・ベートーベン》をはじめとするゼニス等の高コストで強力なフィニッシャーを呼び出したいところ。

相手が何も出してこなかったり、コストが低いクリーチャーを並べてくれるならありがたいが、自分の切り札よりコストが高いクリーチャー、特にコスト∞の《超法無敵宇宙合金武闘鼓笛魔槍絶頂百仙閻魔神拳銃極太陽友情暴剣R・M・G チーム・エグザイル〜カツドンと仲間たち〜》を出そうものなら、相手だけが大幅に得する結果に終わってしまう。

コスト重く、あらゆるデッキに積載できるわけではないため、専用デッキを組んでの運用が主となるだろう。
使うなら、上述のとおりもっぱら《伝説の正体 ギュウジン丸》と組み合わせるか、召喚時限定能力を持つゼニス等のお供としてだろう。

総じてトリッキーかつ癖のあるカードだが、今後のカードプールの変化によっては、さらなる強化が見込める1枚である。

  • カード名は「ショーの始まりだ」という意味であり、掛け声としても使われる。また、デザインの原型と考えられるMagic:The Gatheringの≪実物提示教育/Show and Tell≫や、「ショー・タイ」が「」と掛けられているネーミングである可能性もある。

サイクル

DMR-20のフルフレーム呪文サイクル
自然には存在せず、代わりにには2枚存在する。

関連カード

収録セット

参考