《イフリート・ハンド》

イフリート・ハンド P(C) 火文明 (7)
呪文
S・トリガー
相手のコスト9以下のクリーチャーを1体、破壊する。

DMD-27で登場したハンド呪文

相手のコスト9以下のクリーチャー1体を破壊する効果を持つ。

火力の範囲が《フライパン・マウンテン》《ドリル・トラップ》などパワーではなく、《めった切り・スクラッパー》《超次元ムシャ・ホール》などのようなコストという所が強み。
ほとんどのクリーチャーコスト9以下のため、焼ける範囲は広く、の新たな大型火力呪文として扱える。

やはり文明は違えど、《デーモン・ハンド》と比べて使用コストが高いというのが難点。しかし、その分文明に頼らない場合、採用する価値は大きい。代表的なものとしては【準赤単】が挙げられる。

革命編環境ではやはり除去の性質が汎用性を欠いており、これで除去できないクリーチャーも存在したことから、【準赤単】《英雄奥義 バーニング銀河》が優先された。

後にS・トリガーで踏み倒しても手打ちしても有効であり汎用性が非常に高い《ハムカツ団の爆砕Go!》、10マナと重いが隙あらばエクストラウィンを狙えてサブフィニッシャーになる《ジョリー・ザ・ジョニー Joe》が登場すると、準赤単の除去札としては全く影の薄い存在となった。

関連カード

フレーバーテキスト

収録セット

参考