《インビンシブル・フォートレス》

インビンシブル・フォートレス VR 火文明 (13)
呪文
相手のシールドを3つまで選び、持ち主の墓地に置く。

DM-06で登場したインビンシブル呪文

相手のシールドを3枚墓地送りにするという豪快なものであり、サイクルの中で最も勝利に直結する効果と言える。シールドを3枚を安全に処理できるため、適当なW・ブレイカー持ちともう1体クリーチャーが並んでいれば1ショットキルとなる。

また、ブレイクではないので、S・トリガーS・バックを封殺したり、《ハッスル・キャッスル》《無敵城 シルヴァー・グローリー》のようなの身代わり効果を無視できる。

欠点は13マナという莫大なマナコスト。大抵のデッキでは9マナ前後貯めれば十分なため、きちんとマナを払って唱えるためには《セブンス・タワー》《爆進イントゥ・ザ・ワイルド》などの大量マナブーストを活用する必要がある。

ただし、終盤ともなると相手もクリーチャーを展開してくるため、マナブーストにかまけていたせいで制圧されて負ける、といったことが無いようにしたい。

もっとも、《超聖竜ボルフェウス・ヘヴン》《聖竜ボルシャック・ウルフェウス》コスト踏み倒しが可能なので、そちらのデッキで使うのが主流である。(>【ボルシャック・ウルフェウス】)

同じ系統の呪文《ティラノ・リンク・ノヴァ》《超銀河弾 HELL》がある。

《ティラノ・リンク・ノヴァ》はさらに1マナ重いが、相手のシールドを全てバウンスさせてしまう。シンパシーコスト軽減すれば、9〜10コスト程度で唱えることも一応可能。

《超銀河弾 HELL》は3マナ軽く、パワー9000以下の割り振り火力を撃てるが、シールド焼却の枚数は相手のクリーチャーに依存するため安定性を欠く。

《不夜城艦 クランヴィア》で唱えるなら5枚目以降の《ティラノ・リンク・ノヴァ》と、数合わせにはなる。

それぞれ一長一短であり、好みや環境に合わせて選ぶと良い。

  • カードイラストに描かれているのは火文明の要塞である「火山要塞ヴァル」、フレーバーテキストの山中とは文明のエネルギー源でもある「灼熱ドゥル山脈」のこと。「火山要塞ヴァル」は結局、文明の本拠地である「シルヴァー・グローリー」の主砲「インビンシブル砲」によって一撃で崩壊してしまった。
    • 「灼熱ドゥル山脈」は後も残り続けるが極神編では既に「死火山ドゥル」となって黒焦げ遺跡になり果てている。神化編では「ドゥル溶河」となり、再度文明の活力源となっている。
  • よく「インビブル・フォートレス」と読み間違えられる。「インビジブル」は「不可視な、隠れた」、「インビンシブル」は「無敵の、不屈の」という意味である。

サイクル

DM-06インビンシブル呪文サイクル。すべて13コストの豪快な効果を持つ呪文
イラストに描かれているのは各文明の本拠地。

関連カード

フレーバーテキスト

収録セット

参考