《インフェルノ・ゲート》

インフェルノ・ゲート R 闇文明 (5)
呪文
進化ではないクリーチャーを1体、自分の墓地からバトルゾーンに出す。
※プレミアム殿堂

DM-19で登場した呪文

単純明快で分かりやすいたった短い一文の能力テキストだが、その内容はとんでもなく凶悪である。
進化でなければ、コスト文明種族能力を問わず、どんなクリーチャーでもリアニメイトできる。たった5マナでフィニッシャーをバトルゾーンに出せるといえば、その強さがわかるはずである。その凶悪さから、今ではプレミアム殿堂に指定されている。

実はあまり知られていないが、デュエル・マスターズにおいて、初めて登場したリアニメイトカードでもある。

コスト制限なしでコスト踏み倒しが行えるこのカードは、環境インフレたびにその強さは衰えるどころか、逆に磨きがかかっていく。これは《ミラクルとミステリーの扉》《エンペラー・キリコ》にもいえることであり、これらも今は立派なプレミアム殿堂の仲間入りとなっている。

このカードの登場から12年が経過した現在では、相手にほとんどターンを与えない《勝利宣言 鬼丸「覇」》《完全不明》、使えるカードを大幅に制限してしまう《龍世界 ドラゴ大王》《「修羅」の頂 VAN・ベートーベン》など、たった一枚でゲームを支配できてしまう強力なフィニッシャーが増えてしまったため、とても殿堂解除は望めないだろう。


環境において

今でこそ、多くのプレイヤーから凶悪な1枚と認知されているカードではあるが、このカードが登場した当時はそうではなかった。

登場当時は《ボルメテウス・サファイア・ドラゴン》が大暴れしていたため、このカードを目にしたプレイヤーは誰もが《ダンディ・ナスオ》とのコンボを思いついたことだろう。案の定、《ボルメテウス・サファイア・ドラゴン》主軸の新たなデッキタイプを生み出すこととなった。(→【茄子サファイア】)後に【除去コントロール】に組み込まれた【除去サファイア】も登場し、サファイア地獄と呼ばれる現象を生み出した。

しかしなんと、ここまで《サファイア》と共に環境を圧巻していたにも関わらず、当時はこのカードを悪く言うプレイヤーは少なかった。というのも、当時のカードプールでは《サファイア》以外にさほど強力なクリーチャーがおらず、このカードが登場する前から《サファイア》が大暴れしていたこともあって、「サファイアがいなければ、そんなに強くないカード」、「サファイアが悪いのであって、このカードは悪くない」というソフトな評価でとどまっていた。デュエル・マスターズに限らず、TCGにおいては特定のカードが環境を圧巻する事態は好ましくなく、そうしたカードはプレイヤー達から忌み嫌われることになるので、このような例はけっこう珍しい。実際、2007年に《サファイア》の方が先にプレミアム殿堂しており、その時このカードは殿堂入りすらしなかった。

しかしその後、カードプールの増加により、《サファイア》程ではないが強力なカードは続々と出現し始めたため、2008年4月15日、ついに殿堂入り

その後は調整版《インフェルノ・サイン》とともに【ロマノフサイン】【ロマネスクリアニメイト】に入れられて活躍した。

だが、2009年12月19日に《ボルシャック・クロス・NEX》の登場を機に、プレミアム殿堂へ。同時期に、《インフェルノ・サイン》殿堂入りし、手軽なリアニメイト手段は一気に少なくなり、リアニメイトという戦術は限られたデッキでしか扱えなくなった。

エピソード2以降では、高コスト域が大幅にインフレを起こしており、《偽りの王 ヴィルヘルム》《勝利宣言 鬼丸「覇」》などの強力なフィニッシャーが登場したため、このカードの殿堂解除は絶望的になっている。

新章デュエル・マスターズでは、《異端流し オニカマス》《洗脳センノー》などの踏み倒しメタが増えたが、それらに対抗手段はいくらでもあるため、やはり殿堂解除は望めない。


その他

関連カード

フレーバーテキスト

  • DM-19
    地獄の扉を開くことなど、悪魔神にとっては容易いことだ。

収録セット

参考