《インフェルノ・ゲート》

インフェルノ・ゲート R 闇文明 (5)
呪文
進化ではないクリーチャーを1体、自分の墓地からバトルゾーンに出す。
※プレミアム殿堂

DM-19で登場した呪文
長いデュエル・マスターズの歴史において、初めて出現したリアニメイトカード。非進化であれば、マナコストを問わずどんなクリーチャーでも出せる非常に凶悪なカードである。

登場当時は《ボルメテウス・サファイア・ドラゴン》が大暴れしていたため、このカードを目にしたプレイヤーは誰もが《ダンディ・ナスオ》とのコンボを思いついたことだろう。案の定、《ボルメテウス・サファイア・ドラゴン》主軸の新たなデッキタイプを生み出すこととなった。(→【茄子サファイア】

さらには【除去コントロール】に組み込まれた【除去サファイア】も後から登場し、サファイア地獄を確実なものとした。《ボルメテウス・サファイア・ドラゴン》プレミアム殿堂入り後も様々なデッキで活躍したが、2008年4月15日、ついに殿堂入り

その後は調整版《インフェルノ・サイン》とともに【ロマノフサイン】【ロマネスクリアニメイト】に入れられて活躍した。

だが、2009年12月19日の《インフェルノ・サイン》殿堂入りに合わせてこちらはプレミアム殿堂で禁止に。これにより手軽なリアニメイト手段は一気に少なくなり、リアニメイトという戦術は限られたデッキでしか扱えなくなった。

発売当時は強力な重量級《ボルメテウス・サファイア・ドラゴン》くらいしかなかったが、5マナでマナコストを問わずにクリーチャーリアニメイトできるスペックは間違いなく破格。サファイアを考慮しなくてもこのカードはプレミアム殿堂にふさわしいと言える。

  • このカードを調整するならコスト8~9がちょうど良いと考えられるが、召喚扱いにしてはいけない。そうすると、召喚で起きる効果が発動してしまうので、大変強力なカードになってしまう。

関連カード

フレーバーテキスト

  • DM-19
    地獄の扉を開くことなど、悪魔神にとっては容易いことだ。

収録セット

参考


Last-modified: 2018-12-03 (月) 00:12:38