《インフェルノ・ゲート》

インフェルノ・ゲート R 闇文明 (5)
呪文
進化ではないクリーチャーを1体、自分の墓地からバトルゾーンに出す。
※プレミアム殿堂

DM-19で登場した呪文

自分の墓地から進化ではないクリーチャーを1体リアニメイトする。デュエル・マスターズにおいて、初めて登場したリアニメイトカードでもある。

単純明快で分かりやすいたった短い一文の能力テキストだが、その内容はとんでもなく凶悪である。進化でなければ、コスト文明種族能力を問わず、どんなクリーチャーでもリアニメイトできる。墓地クリーチャーさながら手札かのように場に出せるすさまじい自由度を持ち、コストの制限もないため超高コストフィニッシャーであってもたった5コストコスト踏み倒しできる。
カードプールが増え、質の高いファッティも増えた今なら、いかに規格外の性能をもったカードであるかがよくわかるだろう。

先述した通り、初めて登場したリアニメイトカードであるためにこのような性能になったのだろうが、制限のないコスト踏み倒しが上振れすればゲームを破壊することなど容易である。上振れ要因であるコスト踏み倒し対象の質が上がるにつれ、《インフェルノ・ゲート》も順当に殿堂プレミアム殿堂と制限されていった。

《母なる大地》《ミラクルとミステリーの扉》《エンペラー・キリコ》などと共に、コスト踏み倒しの強力さを物語る象徴的カードである。また、デュエマにおけるリアニメイトの強力さを、初代ながらその身をもって証明したカードでもある。
現在のカードプールでは当然殿堂解除を望めるような状態ではないが、コスト踏み倒しリアニメイトの強さの象徴として、今後も語り継がれていくことだろう。


環境において

今でこそ、多くのプレイヤーから凶悪な1枚と認知されているカードではあるが、このカードが登場した当時はそうではなかった。というのも、当時はやはりカードプールが少なく、コスト踏み倒しして強力なフィニッシャー《ボルメテウス・サファイア・ドラゴン》くらいしかいなかったためである。そして、当時プレイヤーのヘイトはその《ボルメテウス・サファイア・ドラゴン》に集中しており、カードプールが少なかったのもあって、このカードが研究されるまでにはそれなりの時間を要した。
つまり、このカードとその系譜である《インフェルノ・サイン》の環境での活躍をたどれば、デュエルマスターズのリアニメイト戦術の概念が構築されるまでを知ることができる。

DM-19で《インフェルノ・ゲート》が登場。この時点で既に《ボルメテウス・サファイア・ドラゴン》がすでに大暴れしてしており、このカードを目にしたプレイヤーは誰もが《ダンディ・ナスオ》とのコンボを思いついたことだろう。案の定【茄子サファイア】が確立され、その名を轟かせることになる。これは、リアニメイトコスト踏み倒しすればマナブーストをせずとも《ボルメテウス・サファイア・ドラゴン》を出せるという変化をもたらし、【除去サファイア】など新たなサファイアデッキのアーキタイプを生み出すこととなった。サファイアの運用性ははねあがり、サファイア地獄と呼ばれた惨状を生み出すことになる。

しばらくして《ボルメテウス・サファイア・ドラゴン》プレミアム殿堂入りを果たすことになる。《インフェルノ・ゲート》で呼び出せる手ごろなフィニッシャーがいなくなってしまったため、この呪文環境から一時身を引くことになった。ただ、《インフェルノ・ゲート》の名は環境を通して完全に知れ渡り、そのリアニメイト範囲の広さから、メタを問わず様々なデッキに使われていくことになる。

《ボルメテウス・サファイア・ドラゴン》禁止から1年を待たずに、DM-22にて《光神龍スペル・デル・フィン》《黒神龍グールジェネレイド》《魔龍バベルギヌス》が登場。
《光神龍スペル・デル・フィン》は《インフェルノ・ゲート》が待ちわびた優秀な高コストフィニッシャーであり、《インフェルノ・ゲート》の地位を再び押し上げる要因となった。
《黒神龍グールジェネレイド》は登場当初から【グールジェネレイド】を確立してメタ入りを果たす。【グールジェネレイド】に《インフェルノ・ゲート》が採用されるかはさておき、【グールジェネレイド】戦国編にかけてメタを走り続け、リアニメイトデッキのノウハウが研究される大きな要因となった。《魔龍バベルギヌス》もまたリアニメイトデッキの軸を担えるカードの1枚であり、隆盛の立役者の1人である。

その間《インフェルノ・ゲート》に特別ヘイトが向くような出来事はなかったものの、【茄子サファイア】から続くリアニメイトのノウハウは成長を続けていた。
この頃は《クローン・バイス》が台頭しており、ビートダウンコントロール問わず《ダンディ・ナスオ》《エマージェンシー・タイフーン》が採用された。そういったデッキに《インフェルノ・ゲート》を投入し、あわよくば《緑神龍ザールベルグ》《光神龍スペル・デル・フィン》、その他切り札リアニメイトするという戦術は一般化していった。具体的には、【除去ガーディアン】ではその運用を確固たるものにしており、【グールジェネレイド】でもその動きを取り入れたタイプが存在した。
そして、その効果の汎用性の高さや、上振れした時の爆発力はより幅広く認知されていった。

2007年11月15日に《クローン・バイス》殿堂入りデュエル・ロマスターズをはさみ、2008年4月15日に《インフェルノ・ゲート》を含めた大量殿堂入りが行われた。
2008年4月15日の殿堂入りは同期の不死鳥編から続いたメタデッキ達への制裁が多く行われた。【ドラゴンランデス】の切り札《超竜バジュラ》【連ドラ】をトップメタまで押し上げた《インフィニティ・ドラゴン》、そして【除去ガーディアン】のメイン除去ソースであった《魂と記憶の盾》といった具合である。《インフェルノ・ゲート》がその一環では定かではないが、この時は【ネクラガーディアン】が主流であり、《母なる大地》殿堂入りにより再度【除去ガーディアン】が台頭することになる。

また、この《魂と記憶の盾》《母なる大地》殿堂入りにより、【グールジェネレイド】が再度隆盛していくことになる。その後同極神編にて《龍神ヘヴィ》が登場するなど追い風が吹き、リアニメイトデッキの人気は上昇していった。

そして戦国編《邪眼皇ロマノフI世》《インフェルノ・サイン》が登場。《インフェルノ・サイン》が初収録されたDMC-44は、【グールジェネレイド】の雛形でありながらリアニメイト戦術デッキのニューホープであり、新たなリアニメイト戦術を確立した【グールジェネレイド】は最盛期に突入。《インフェルノ・サイン》によって【ロマノフサイン】【ロマネスクリアニメイト】が確立、メタ入りを果たし、リアニメイト戦術もまた最盛期を迎えた。
この時の主力はもっぱら《インフェルノ・サイン》であったが、《魔龍バベルギヌス》と《インフェルノ・ゲート》を使い8以上の高コストクリーチャーコスト踏み倒しを狙う戦術も行われた。

そして神化編2009年12月19日、《インフェルノ・サイン》殿堂入りと共に《インフェルノ・ゲート》もプレミアム殿堂へ。手軽なリアニメイト手段は一気に少なくなり、リアニメイトという戦術は限られたデッキでしか扱えなくなった。この頃《ボルシャック・クロス・NEX》が登場し、《インフェルノ・ゲート》のプレミアム殿堂は新たな高コストフィニッシャーを出すための措置であるといわれていた。
半面で《エンペラー・キリコ》が登場したことにより、制限のないコスト踏み倒しの脅威はしばらく続くことになる。

時は流れ、エピソード2以降では、高コスト域が大幅にインフレを起こしており、《偽りの王 ヴィルヘルム》《勝利宣言 鬼丸「覇」》などの強力なフィニッシャーが登場したため、このカードの殿堂解除は絶望的になっている。
これらのカードは《インフェルノ・ゲート》がなくなったからこそ出せたわけであり、そのことを考えれば《インフェルノ・ゲート》のプレミアム殿堂は必然であったといえるだろう。

新章デュエル・マスターズでは、《異端流し オニカマス》《洗脳センノー》などの踏み倒しメタが増えたが、それらへの対抗手段もいくらでもあるため、やはり殿堂解除は望めない。


その他

関連カード

フレーバーテキスト

  • DM-19
    地獄の扉を開くことなど、悪魔神にとっては容易いことだ。

収録セット

参考