《ウォーター・イン・ザ・ダーク》

ウォーター・イン・ザ・ダーク R 水文明 (5)
呪文
S・トリガー
自分の山札をシャッフルし、その後、上から1枚目を見る。それがコスト7以下の呪文なら、コストを支払わずに唱えてもよい。

DMRP-07で登場した呪文

《ホーガン・ブラスター》調整版
元に比べて踏み倒せる呪文コスト制限が付き、クリーチャーが捲れてもバトルゾーンに出せるどころか手札に加えることも出来なくなった。

この呪文自体がコスト7以下であり、《アクア・スペルブルー》と違ってこのカードが捲れたとしても、もう1回捲るチャンスがあるのでデッキ圧縮には使えるかもしれない。
能力を使うにはデッキ内の呪文の比率を高めなければならないが、その場合は必然的に呪文メタに弱くなる。

7コスト以下の呪文を踏み倒す呪文は他に《龍素知新》《目的不明の作戦》があるが、それらは墓地の中から選んで打てるので使い勝手は大きく異なる。こちらで踏み倒す事が出来るので相性自体は良いが、シャッフルを挟むのでループは難しい。

安易に《オールデリート》で勝てたらゲーム性が損なわれるという判断であろうが、《ミステリー・キューブ》がS・トリガーを外した以外は相互互換というべき呪文面とクリーチャー面を併せ持つ《カブトリアル・クーガ/ミステリー・ディザスター》という調整版として生まれ変わったのだから、このカードも同様に呪文のみを無制限で踏み倒せる《ホーガン・ブラスター》にリメイクすべきではなかったのかという不満もプレイヤー間で聞こえる。

ただ、無制限カードの中では自身と《超次元ガード・ホール》が範囲内であり、ピン挿しの《ホーガン・ブラスター》《目的不明の作戦》《龍素知新》のうちどれかが捲れれば美味しいので、運ゲーを楽しむ【ガチャガチャデリート】というものが成立している。【速攻】を相手にした際にブレイクによって手札に加わっても最後まで腐ることのあるカードよりは、S・トリガーによって手頃な呪文に変換できるカードであるだけまだ有用である、という考えもある。

関連カード

フレーバーテキスト

  • DMRP-07
    塔の中に封印された魔力の源の水。それは黒く濁っていた。

収録セット

参考


Last-modified: 2018-12-04 (火) 13:23:44