《オフコース・カイザー 「(りゅう)」》

オフコース・カイザー 「龍」 秘 火文明 (6)
クリーチャー:レッド・コマンド・ドラゴン/ハンター 6000
バトルゾーンにある自分のエイリアンはすべて、「スピードアタッカー」を得る。
自分の他のハンターは攻撃されない。

DMR-05で登場したレッド・コマンド・ドラゴン/ハンター
自分の他のハンター攻撃されなくなり、自分のエイリアンスピードアタッカーを得る。

ひとつ目の能力スピードアタッカー化させることができるのはエイリアンのみ。
このクリーチャーハンターなので自身をスピードアタッカー化させることはできないが、「他の」という注釈がないためバトルゾーン《永遠のプリンプリン》がいるか《ビックリ・イリュージョン》唱えるなどして種族エイリアンを追加させることができれば、自身も対象に入れることが出来る。

ふたつ目の能力は、自分の他のハンター攻撃させなくする、というもの。味方ハンタータップキルアンタップキラーへの耐性を持たせられる。ただし、自身を含めることは出来ないため、真っ先に標的にされる危険性がある。
一応、バトルゾーンに2体目の《オフコース・カイザー「龍」》がいれば、互いにサポートできる。

自身のパワーは6000と並、しかもW・ブレイカーすら持っていない。備える能力も単独では役に立たず、初の新規シークレットカードながら、リュウセイシリーズ最弱の声も高い残念な1枚。
何故こんな性能にしてしまったのか不思議なくらいである(そういうカードはエピソード1以降でも大量に存在するが)。

  • シークレットのみ存在する初めてのカード。シークレットといえども今までのシークレットほど当たりづらい訳ではなく、レアのMODE→CHANGEの封入率ぐらいだと思われる。もし《ガイアール・カイザー》並に当たりづらかったら価格がとんでもない値段に跳ね上がっていただろう(その分性能が非常に強力だったかもしれないが)。
  • 漫画「ストーリー・オブ・デュエル・マスターズ」では、戦場をさまよう「ドラゴンの亡霊」として登場。シウバの罠にかかった鬼丸を導き、時同じくして危機に陥っていた《好奇心 プリンセスプリン》を救い出した。

関連カード

フレーバーテキスト

  • DMR-05
    何も思い出せない、自分が何者なのかすら、ホワット。気が付けば世界はアンノウンに支配されていた。でも、唯一、忘れられないことがあるリメンバー。それは俺がプリン様を守り続けるってことだぜ!当たり前だのオフコース!

収録セット

参考