《オブラディ・ホーネット/「Let(レット) it(イット) Bee(ビー)!」》

オブラディ・ホーネット VR 自然文明 (4)
クリーチャー:グランセクト 5000
マッハファイター
このクリーチャーが破壊される時、墓地に置くかわりに自分のマナゾーンに置く。
「Let it Bee!」 VR 自然文明 (3)
呪文
カードを1枚引き、その後、自分の手札を1枚、マナゾーンに置く。

DMRP-06で登場したグランセクトおよび自然呪文ツインパクト

クリーチャー面は《ワ・タンポーポ・タンク》上位種にして《いのししとう》上位互換
呪文面はドロー手札からのマナブーストを行う。

登場以降、ある程度マナが伸びる自然系のデッキであり尚且つ革命チェンジ系統のようにコスト踏み倒しメタが立っていると大きく失速するというタイプでは重宝されるようになった。《異端流し オニカマス》を処理できる性質はもとより、《洗脳センノー》のパワー4000にも対処できるパワー5000というのが強い。
《ワ・タンポーポ・タンク》と異なり呪文面のおかげで汎用性が高く、2枚目以降を引いたり相手の盤面にクリーチャーがなかったりしても腐りにくい。

【5色ドギラゴン剣】に関しては、呪文面を使って《アクアン・メルカトール》で増えた手札から仕込みたいカードをマナゾーンに埋められるのも優秀。コスト5以下なので《Mの悪魔龍 リンネビーナス》でのリアニメイト範囲内であり、呪文面を使って墓地に落とせば特別墓地肥やしもせずリアニメイト可能。ただ、リアニメイトすれば《異端流し オニカマス》に引っかかるので、リアニメイトで出ながら《異端流し オニカマス》をマッハファイターで処理することは不可能。

  • 《アカシシーマ》にはクリーチャー面で上回るが、呪文面が全く別物なので差別化の必要は無い。
  • 名前は、世界的に有名なロックバンドであるビートルズの名曲「Ob-La-Di, Ob-La-Da」と「Let It Be」が元ネタである。「ホーネット(hornet)」はスズメバチ、「ビー(bee)」はミツバチの意である。
    フレーバーテキストも「ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!」が元ネタであり、ビートルズづくしである。

関連カード

フレーバーテキスト

  • DMRP-06
    ガイアハザードがやって来るヤァ! ヤァ! ヤァ!

収録セット

参考


Last-modified: 2018-10-28 (日) 11:34:19