《オラマッハ・ザ・ジョニー》

オラマッハ・ザ・ジョニー MAS 自然文明 (8)
クリーチャー:ジョーカーズ 13000
T・ブレイカー
マスター・マッハファイター(このクリーチャーは、バトルゾーンに出たターンの間、タップまたはアンタップしているクリーチャーを攻撃できる。このターン、このクリーチャーがバトルに勝った時、アンタップし、相手のシールドを1つブレイクする)
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、カードを1枚自分のマナゾーンから手札に戻す。
相手が呪文を唱えた時、その呪文とコストが同じジョーカーズ・カードを1枚、自分の手札から捨ててもよい。そうしたら、その呪文は効果を失う。

DMRP-08で登場した自然ジョーカーズクリーチャー

マッハファイターの上位能力マスター・マッハファイター召喚したターンクリーチャーを殴ることができ、さらにバトルに勝てば相手のシールドブレイクし、アンタップして再攻撃が行える。
これを活かせば、これよりパワーの小さいクリーチャーが存在する限りバトルによる除去アンタップ、加えてシールドをその分ブレイクすることが可能。加えて13000の高パワーを保有しているため、大抵の大型にも打ち勝てる。
ただし、これらはcip限定かつこれまでの「ジョニー」とは異なり召喚酔いしているため、相手クリーチャーが空になったり、動きを制限されると次のターンではその効力は消えてしまう。バトルゾーンに出た時はさっさと相手クリーチャー除去に専念しておきたい。

ちなみに、相手がS・トリガーなどでクリーチャーが踏み倒されたとしても、このクリーチャーが登場したターンで、除去されなければ効果は継続される。

さらに相手が呪文唱えた際にその呪文コストが同じの、右上にJマークを持つカードを1枚ディスカードすれば、その呪文効果を失う、史上2例目となる《超神星マーキュリー・ギガブリザード》方式の呪文打ち消しが発生する。
cipで1枚マナ回収できるので、最低でもディスカードに使うコストの補充にも困らない。もっとも、打ち消しを行う際は同じコストカードを捨てなければならず、手札が少ないと発揮しづらい。
また、相手がS・トリガーを使ってきた際も対象であり、しかも除去クリーチャー攻撃を制限するとなれば必然とコストも高くなるため、せめて6〜8圏内のカード手札に揃えておく必要がある。

全てにおいて、クリーチャーとのバトル、ひいてはシールドを貫通させることに特化された性能にまとめられているが、あくまでプレイヤーへの攻撃はできないものと考えておきたい。トドメを刺す時の保険も兼ねて、登場時にプレイヤーへの攻撃ができる《ガンバトラーG7》を組ませるのがいいだろう。

  • 余談ではあるが、ジョラゴン・ビッグ1とも相性が良く、捨てた分の補充や相手への更なる追い打ちにも使うことが可能。

関連カード

収録セット

参考

公式Q&A

Q.最後の能力はどう使うのですか?
A.相手が呪文を唱えた時、その呪文とコストが同じジョーカーズ・カードを手札から捨てることで、その呪文の効果をなかったことにします。これは、相手の呪文が解決され、その効果が行われてからなかったことにして巻き戻すのではなく、呪文の解決前に効果を失わせることになります。

Q.呪文の効果を失うとは、唱えなかったことになりますか?
A.いいえ、呪文は唱えられますが、その効果は得られないということです。テキストの何も書かれていない呪文を唱えたようなものです。