《オラマッハ・ザ・ジョニー》

オラマッハ・ザ・ジョニー MAS 自然文明[ジョーカーズ] (8)
クリーチャー:ジョーカーズ 13000
T・ブレイカー
マスター・マッハファイター(このクリーチャーは、バトルゾーンに出たターンの間、タップまたはアンタップしているクリーチャーを攻撃できる。このターン、このクリーチャーがバトルに勝った時、アンタップし、相手のシールドを1つブレイクする)
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、カードを1枚自分のマナゾーンから手札に戻す。
相手が呪文を唱えた時、その呪文とコストが同じジョーカーズ・カードを1枚、自分の手札から捨ててもよい。そうしたら、その呪文は効果を失う。

DMRP-08で登場した自然ジョーカーズクリーチャー

マッハファイターの上位能力マスター・マッハファイターバトルゾーンに出たターンクリーチャーを殴ることができ、さらにバトルに勝てば相手のシールドブレイクし、アンタップして再攻撃が行える。
これを活かせば、これよりパワーの小さいクリーチャーが存在する限りバトルによる除去アンタップ、加えてシールドをその分ブレイクすることが可能。加えて13000の高パワーを保有しているため、大抵の大型にも打ち勝てる。
しかし、出たターンにしか効果を発揮しない能力のため、《卍 デ・スザーク 卍》《無修羅デジルムカデ》タップインには無力だったり、相手クリーチャーが空だったり、このクリーチャーよりパワーが高いクリーチャーしかいない場合も完全に腐るなど、通常のマッハファイターの欠点がそのままこの能力にも当てはまってしまう。
そうでなくても、この能力ブレイクしたシールドから《閃光の守護者ホーリー》《終末の時計 ザ・クロック》が捲れてしまうと、相手に大した痛手を負わせることができないまま、ターンを渡してしまうなんてこともある。
しかも、なによりスピードアタッカーのように出たターンに相手プレイヤーを攻撃できるわけでもなく、《ジョリー・ザ・ジョニー》のようにエクストラウィン能力を持っているわけでもないので、出たターンにそのままこのクリーチャーだけで勝利まで持っていくことはできない。

さらに相手が呪文唱えた際にその呪文コストが同じの、右上にJマークを持つカードを1枚ディスカードすれば、その呪文効果を失う、史上2例目となる《超神星マーキュリー・ギガブリザード》方式の呪文打ち消しが発生する。
cipで1枚マナ回収できるので、最低でもディスカードに使うコストの補充にも困らない。もっとも、打ち消しを行う際は同じコストカードを捨てなければならず、手札が少ないと発揮しづらい。
また、相手がS・トリガーを使ってきた際も対象であり、しかも除去クリーチャー攻撃を制限するとなれば必然とコストも高くなるため、せめて6〜8圏内のカード手札に揃えておく必要がある。
さらに、クリーチャーを封じることはできないため、前述した《閃光の守護者ホーリー》《終末の時計 ザ・クロック》の前でも完全に無力。

全てにおいて、クリーチャーとのバトル、ひいてはシールドを貫通させることに特化された性能にまとめられているが、あくまでプレイヤーへの攻撃はできないものと考えておきたい。トドメを刺す時の保険も兼ねて、登場時にプレイヤーへの攻撃ができる《ガンバトラーG7》を組ませるのがいいだろう。

双極篇環境終期には【緑ジョーカーズ】で使われることはなくはないが、むしろ【チェンジザダンテ】の打点補強兼除去として利用された。ただ、超天篇になるとマッハファイターとして役割が被る上に、より拡張性が高く腐りにくい《ドンジャングルS7》に立場を譲るようになった。プレイヤー達からの初期評価の高さとは裏腹に、このカードの活躍はかなり乏しい。

超天篇では《魂穿ツ煌世ノ正裁Z》《7777777》が環境で想定される主な打ち消し対象となる。

  • 余談ではあるが、ジョラゴン・ビッグ1とも相性が良く、捨てた分の補充や相手への更なる追い打ちにも使うことが可能。

関連カード

収録セット

参考

公式Q&A

Q.最後の能力はどう使うのですか?
A.相手が呪文を唱えた時、その呪文とコストが同じジョーカーズ・カードを手札から捨てることで、その呪文の効果をなかったことにします。これは、相手の呪文が解決され、その効果が行われてからなかったことにして巻き戻すのではなく、呪文の解決前に効果を失わせることになります。

Q.呪文の効果を失うとは、唱えなかったことになりますか?
A.いいえ、呪文は唱えられますが、その効果は得られないということです。テキストの何も書かれていない呪文を唱えたようなものです。