《オヴ・シディア》

オヴ・シディア MAS 光文明 (8)
クリーチャー:メタリカ 13500
T・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、バトルゾーンにある相手のクリーチャーの数と同じ枚数、自分の山札の上からカードを表向きにしてもよい。その中から、コスト6以下のメタリカをすべてタップ状態でバトルゾーンに出し、残りを好きな順序で山札の一番下に置く。
マスター・ラビリンス:このクリーチャーが攻撃する時、自分のシールドまたはクリーチャーの数が相手より多ければ、自分の手札をすべて、それぞれ新しいシールドとして自分のシールドゾーンに置いてもよい。

DMRP-02で登場したメタリカ
cipでバトルゾーンにある相手のクリーチャーの数と同じ枚数、自分の山札の上からカードを表向きにしその中からコスト6以下のメタリカをすべてタップ状態でバトルゾーンに出せマスター・ラビリンスで自分の手札をすべてシールドにできる能力を持つ。

一見、相手に依存する不安定な能力だが、このカードの真価はラビリンス能力の弱点である「相手より優位に立っていればその優位性を維持し続けられるが、相手に優位性を奪われるとそのままジリ貧になってしまう」という特性をカバーできる点にある。

cipによりクリーチャーの数を増やすだけでなく、マスター・ラビリンスによりシールドの回復を同時に行う事で、止められたラビリンスを再度発動させて再び有利に立ち回る事が可能となるのである。

もちろん、こちらが優位性を維持している状態で相手がクリーチャーを大量展開してきた場合には、勝利を確実にするダメ押しとして有効に働く。

ただしマスター・ラビリンスアタックトリガーであること、そして何より手札を全てシールドにしなければならないという不器用な点が気になる。そもそも発動条件に制限がついている(かなり緩いとはいえ)のも厳しい。自身が数的アドバンテージを得ている状況でこの効果が発動しても、場合によっては唯のオーバーキルになりかねない。
せっかくのマスター能力だが、こちらの方がおまけと考えた方がいいだろう。任意能力なのでそこは安心。

  • 名前の由来はメタリカである事からも、オブシディアン(黒曜石)で間違いないだろう。魔除けや悪から守る石として知られるが、ストーリーを見る限りだと意図的に名づけられた皮肉なのかもしれない。ちなみに、邪推が過ぎるかもしれないが黒曜石の中には5色が混ざったレインボーオブシディアンと言われる物もある。…なんて言ってたら色が無くなってしまった。なんともはやである。
    • その後気づいたらメタリカの王から人造ドラゴンの下に使える戦士となり、キラ第一の切り札から第二に降板してしまったようだ。何にせよ、最高クラスの戦力と捉えられているようだが。
  • 漫画版およびアニメ版デュエル・マスターズ(2017)では、キラの切り札にしてマスターカードとして登場。
  • 見た目からして不気味な雰囲気が漂うクリーチャーではあるが、アニメ14話からのEDでは《ジョルジュ・バタイユ》の傍でモジモジしているという可愛らしい面も。

関連カード

収録セット

参考


Last-modified: 2018-11-18 (日) 19:02:58