《オヴィデンス・メーザー》

オヴィデンス・メーザー R 光文明 (4)
呪文
スーパー・S・トリガー(この呪文を自分のシールドゾーンから手札に加える時、コストを支払わずにすぐ唱えてもよい。その時自分のシールドが1つもなければ、この呪文にS能力を与える)
相手のクリーチャーを3体選び、タップする。
S−相手のクリーチャーは、次の相手のターンのはじめにアンタップしない。

DMRP-03で登場した呪文

スーパー・S・トリガーを持ち敵のクリーチャーを3体タップシールドが1つもなければ次のターンの相手へのアンタップ封じになる。

タップする能力だけを考慮すれば《聖歌の聖堂ゾディアック》より1コスト軽い上位互換となり、スーパー・ボーナスあちらと異なり選んだクリーチャーだけでなくタップした相手のクリーチャーすべてをフリーズさせることができる。《聖歌の聖堂ゾディアック》とは違って白単構築にする必要がないのもポイント。

しかしながら、スーパー・S・トリガーという条件下の能力なのが少々噛み合っていない。タップ自体は防御になるものの、スーパー・ボーナスが影響するのは相手のターンのはじめであり、その場の防御の足しになってくれない。当然能動的なフリーズにも基本的には使えない。

また、1コスト上の《スーパー・スパーク》をはじめとした全タップ呪文には、《異端流し オニカマス》などのアンタッチャブルに対処できないという点で劣る。防御目当てでならあちらを使った方が良い。

こちらは比較的低コストで複数のクリーチャータップできる事、スーパー・ボーナスで相手のクリーチャーを長いターン寝かせておけることから、どちらかといえばタップ&デストロイ向き、守備よりも攻勢向けの呪文と言える。

サイクル

DMRP-03スーパー・S・トリガー呪文サイクル

関連カード

収録セット

参考