《カエルB(ビー) ジャック》

カエルB ジャック SR 水文明 (3)
クリーチャー:トリックス/ワンダフォース 7000
このクリーチャーは攻撃できない。
自分が呪文を唱える時、自分のクリーチャーを好きな数タップしてもよい。こうしてタップしたクリーチャー1体につき、その呪文を唱えるコストを1少なくする。ただし、コストは0以下にならない。
各ターン、自分がはじめて呪文を唱えた時、カードを1枚引く。

DMRP-11で登場したトリックス/ワンダフォース

攻撃できないデメリットを持つが、自分のクリーチャータップ代替コストにする事で呪文コスト軽減が行えるシステムクリーチャー
さらに各ターン一度限りだが自分が初めて呪文を唱えた時、ドローする能力も持つ。

《ベイB ジャック》の呪文詠唱版といった能力だが《ベイB ジャック》と違い、マナを生み出す能力からコスト軽減へと変化している。

クリーチャーを使って呪文コスト軽減をする性質から、超次元呪文《ヘブンズ・フォース》GR召喚を行う呪文など、「クリーチャーを出す呪文」との相性は非常によい。
出したクリーチャーを次の呪文コスト軽減に使うことで、連鎖的に呪文を唱えることが可能になる。《ベイB ジャック》と違ってこのクリーチャーはタップインされない為、そのままコスト1軽減する余地があるのは嬉しい処。

《BAKUOOON・ミッツァイル》との相性も文句なしに格別だろう。《BAKUOOON・ミッツァイル》の破壊能力で自分のクリーチャーをタップするデメリットを帳消しにしてくれる。また、アンタップ状態のクリーチャーを用意してくれるため、このクリーチャーを破壊せずに残しておけば、呪文のコスト軽減の元になる。

【緑単ループ】で考えると、《革命類 ネロティウス》などのコスト踏み倒し手段でを支払わずに出すカードとして考慮されることもある。《革命類 ネロティウス》、引いては【緑単ループ】自体に御誂え向きな《生命と大地と轟破の決断》をコスト軽減するのにも有用で、盤面が整っていれば《大きくて小さな農園》で一気にアンタップマナを生成することも可能。

他にも《Wave All ウェイボール》のような呪文を唱えることでクリーチャーを増やすカードや、光臨などタップが逆にメリットになりうるカードとは相性がいい。

パワーが7000と高く、マッハファイター火力にある程度の耐性がある点も嬉しい。《DROROOON・バックラスター》効果バトルにもバトルで負けない。《種デスティニー》で死なないコストなのも大きい。

ルール

  • バトルゾーンにこのクリーチャーを何体並べても、一回のタップで軽減できるコストは「1」である。
  • 《カエルB ジャック》の効果が適応されたことによって呪文が唱えられなくなった場合、コストを支払った後に不発になり呪文が手札にとどまる(DMRP-11発売前の推定裁定)。

環境において

DMSD-13期に台頭した【青白スコーラー】の強化パーツとして期待されたが、『DMGP-9th』では採用先である【青白スコーラー】はベスト8進出を逃すなど特筆すべき戦績を残さなかった。他にこのカードの採用先も考案されていないため、シングルカードのレートが暴落した。

その他

  • 能力がマナゾーンにあるかのようにタップからコスト軽減に変化しているのは、これが文明のカードであることと、GRクリーチャーはマナ数を持たないためと考えられる。
  • 額に「忍」の文字、黒装束に身を包み、口に巻物を咥え、手裏剣が飛び交っているが、種族シノビを持たない。
  • 呪文を唱える時に自分のクリーチャーを好きな数タップするイベントと、コスト軽減のイベントは別々のため、過剰にコスト軽減することができる。《偉大なる無駄》を唱えつつ自軍をオールタップするという無駄な芸当もできる。

関連カード

収録セット

参考


公式Q&A

Q.《カエルB ジャック》の効果で呪文を唱える時にタップするクリーチャーは召喚酔いしているクリーチャーでもよいのですか?
A.はい、召喚酔いしていてもアンタップしているクリーチャーであればタップすることができます。
引用元