《カツラデランス/「アフロ()きま〜す!!」》

カツラデランス VR 火[ジョーカーズ] (7)
クリーチャー:ジョーカーズ 7000
W・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札の一番下のカードを墓地に置く。それがコスト6以下のジョーカーズ・クリーチャーなら、バトルゾーンに出す。
「アフロ行きま〜す!!」 VR 火[ジョーカーズ] (2)
呪文
自分の手札を1枚捨て、その後、カードを2枚引く。

DMRP-05で登場したジョーカーズツインパクト

クリーチャー面はcip山札の下から1枚目を墓地に置きそれがコスト6以下のジョーカーズクリーチャーならコスト踏み倒しを行う。呪文面は《勇愛の天秤》等と同様の効果手札交換を行う。

cip墓地に置くのは山札の一番下のカード。似たような効果カードと間違えないように気を付けよう。
もしこのツインパクトデッキに入れるなら《ジョジョジョ・ジョーカーズ》等で山札の下カードを置く時なるべくコスト6以下のジョーカーズを一番下に置くように心掛けると良い。《超特Q ダンガンオー》《あたりポンの助》などがオススメ。あるいは、ターン終了時に山札の下に置かれるJ・O・E持ちのジョーカーズでもいいだろう。

手札交換《メラメラ・ジョーカーズ》と違ってジョーカーズ以外を捨てても良い。
テキストには「その後」と書かれているので捨てる手札が1枚も無くても2枚ドロー出来るので手札が切れる後半でも腐り辛い。もっともドローが得意なジョーカーズでそれは杞憂か。
2ターン目までに《ヤッタレマン》が引けなかった時にこの呪文を唱えれば3ターン目に《パーリ騎士》にきれいに繋がる。

しかし現状ではジョーカーズとは全く関係のない【墓地ソース】で使われている。
ツインパクトの特性から、《「アフロ行きま〜す!!」》は事実上確実に1体のクリーチャーカード墓地に落とすことができる呪文と考えて差し支えない。《プラチナ・ワルスラS》殿堂入りに伴い考案された赤黒で組まれた墓地ソース?で、初動の墓地肥やしドローソースとして採用されている。
当然墓地ソース?で採用できるようなコスト6以下のジョーカーズクリーチャーは存在しない。そもそも仮にデッキスロットに余裕があっても、墓地ソース?には山札の下を操作するのは不得手である。事実上クリーチャー面として運用されることは皆無と言えよう。

  • モチーフはウィッグ。名前の由来は「カツラ」と日本の毛髪関連の企業「アデランス」。
    呪文面のカード名はアニメ「機動戦士ガンダム」の主人公「アムロ・レイ」の台詞のパロディである。

関連カード

フレーバーテキスト

収録セット

参考


Last-modified: 2018-12-08 (土) 17:53:39