《ガイアクラッシュ・クロウラー》

ガイアクラッシュ・クロウラー VR 水文明 (7)
クリーチャー:アースイーター 6000
誰も、自分自身のマナゾーンの呪文カードをアンタップできない。
W・ブレイカー

DM-16で登場したアースイーター。全員のマナゾーン呪文アンタップできなくする。

大抵の場合、相手はマナを使い切ってくるようにプレイするため、このクリーチャーがデッキにあるのを知らずに戦っていたなら、いきなり一斉マナロックを仕掛けることが可能。
このような場合、相手は除去札を使うことすら困難な状況に追い込めるため、相手が呪文を多用するデッキなら詰みにする程のロックをかけることもできる。

が、それ以外の相手だとタダのファッティになりかねない。的確にメタを読むことが大切。
場合によっては自分も詰みかねないため、慎重な運用が求められる。

時代によって環境に顔を出したり引っ込めたりする、稀なカードである。

  • 覚醒編環境では、トップメタが【超次元コントロール】【不滅オロチ】など呪文主体で動くデッキが多かったため、このカードがそれらのデッキへのメタカードとして採用されることが多くなった。長い間、あまり使われることがなかっただけにここに来てようやくといったところである。こちらほど使用頻度が低かったわけではないが、似たようなカードに《封魔ゴーゴンシャック》などがある。
  • 自分も影響を受けるためなるべくフルクリーチャー気味のデッキに採用するといいだろう。特にこのカードを踏み倒せる【サイバー・G・ホーガン】とは好相性である。

関連カード

フレーバーテキスト

  • DM-16
    ガイアクラッシュ・クロウラーが通った後には呪文のかけらも残らない。

収録セット

参考