《ガチンコ・ルーレット》

ガチンコ・ルーレット UC 自然文明 (3)
呪文
自分の山札の上から1枚目をマナゾーンに置く。
相手とガチンコ・ジャッジする。自分が勝ったら、この呪文を唱えた後、墓地に置くかわりに手札に戻す。
※殿堂入り

DMR-07で登場した自然ガチンコ・ジャッジ呪文

自分の山札の上から1枚目をマナゾーンに置いた後、ガチンコ・ジャッジを行い、勝てばこのカードを手札に戻せる。

不確定ではあるが、手札を減らさずにマナ加速をすることができる。マナ加速カードのネックであった手札の枯渇をカバーできるのは非常に大きい。《フェアリー・サイクロン》と違い他の手札を使わなくてよいのがポイント。

【ターボゼニス】【連ドラ】【ヘブンズ・ゲート】など全体的にコストの大きいクリーチャーが多く入るデッキであればガチンコ・ジャッジに勝ちやすくなる。数回勝てば十分にマナが貯まり、大型クリーチャー踏み倒さずに出せるため、非常に相性が良い。

他のサイクルと比べると、マナブーストをする能力を持つので、ガチンコ・ジャッジに勝って回収したこのカードを同一ターンにそのまま唱えやすい。

3ターン目に唱えると4マナになり、次のターンチャージすれば5マナとなる。その状態で再びこの呪文唱えると、多色がめくれない限りちょうどアンタップ状態の3マナが揃って1ターンに2回唱えられる。

手札を温存したまま爆発的なマナブーストができるという理由により、2014年3月15日付けで殿堂入りとなった。【ターボゼニス】などのビッグマナでは、このカードのみに頼らないデッキビルディングが必要だろう。

  • 比較対称として挙げるのであれば、《ジオ・ブロンズ・マジック》《セブンス・タワー》だろうか。前者は置いたカードが光か火であれば1枚引ける。後者は後半に撃てば使用可能なマナの数を減らさずに一気に3ブーストできる。こちらは前半マナが貯まっていない時に何度も打てる可能性を秘めているところがポイント。
  • デザインの原型はmtgの《小道の再交差》だろう。あちらは1回で数枚マナ加速できることがある。

サイクル

DMR-07に収録されているガチンコ・ジャッジで手札に戻る呪文サイクル。どのカードもギャンブルに関係する名前である。

フレーバーテキスト

収録セット

参考