《キバセン・チュリス》

キバセン・チュリス C 火文明 (2)
NEOクリーチャー:ビートジョッキー 2000
NEO進化:自分の火のクリーチャー1体の上に置いてもよい。(クリーチャーが下にあれば、これをNEO進化クリーチャーとして扱う)
このクリーチャーは攻撃されない。

DMRP-03で登場したビートジョッキー

相手クリーチャー攻撃されない能力を持つNEOクリーチャー

殴り返しを受けないため通常のクリーチャーよりわずかに場持ちが良い。NEOクリーチャーであることを活かし、《ランド覇車 ガンブルマン》などNEOクリーチャー攻撃時の能力を使ったり、キズナプラスを持ったクリーチャー進化元にして弾丸を補充するなどの使い方に向いている。

ビートジョッキーデッキで採用するなら大型に繋げやすい《一番隊 チュチュリス》が優先される。そもそもビートジョッキーデッキは3ターンキルが容易なデッキなので、攻撃されずに何度もこのカードで殴るパターンになる前に殴り切れてしまうという意味でも腐りやすい。

  • 名前の由来は運動会で行なわれる競技種目「騎馬戦」から。イラストには複数の個体が四足獣に乗っている様子が描かれており、「騎馬戦」が元々馬に乗った武士や騎士に由来することを踏まえると歴史的な意味の騎馬戦を意識していると言える。
    • しかし運動会の競技の方にしろ歴史的な意味の方にしろ、騎馬よりも寧ろ騎手の方が敵の攻撃を受ける対象となるため、もし騎馬側が本体だとしたら攻撃されないを持つのは若干違和感がある。

関連カード

フレーバーテキスト

収録セット

参考