《ギガント・テキサリス》

ギガント・テキサリス SR 自然文明 (8)
クリーチャー:グランセクト 12000
マッハファイター(このクリーチャーは、バトルゾーンに出たターンの間、タップまたはアンタップしているクリーチャーを攻撃できる)
T・ブレイカー
このクリーチャーがバトルで勝った時、カードを1枚引く。その後、パワー12000以上のクリーチャーを1体、自分の手札からバトルゾーンに出してもよい。

DMRP-09で登場した自然グランセクト

コスト踏み倒しができる選択肢は、状況次第ではこちらの方が広くなるものの、やはり《ストロング・ゴライアス/氷結ハンマー》のカゲがチラつく。
あちらはアドバンテージとしてはこちらと変わらないものの序盤では《氷結ハンマー》として使え、手札0からでもある程度の選択肢からカードを出すことができ、こちらよりかなり腐りづらい。

しかし、《ストロング・ゴライアス/氷結ハンマー》と違って、文明指定がなく、進化クリーチャーも呼べることがこのクリーチャーの強みとなっている。《完全不明》《伝説の決闘者》などを踏み倒すことができるため、入るデッキはないとは言い切れない。

関連カード

収録セット

参考