《クゥリャン》

クゥリャン C 水文明 (3)
クリーチャー:サイバーロード 2000
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、カードを1枚引いてもよい。

DM-27で登場した軽量サイバーロード

当時殿堂入りしていた《アクア・ハルカス》の入れ替えで登場した同型再販である。

種族の違いを除きスペックは同じため、こちらもそれなりの活躍が期待される。

同じDM-27には強力なサイバーロード進化クリーチャーである《エンペラー・マルコ》が収録されており、この《クゥリャン》の上に乗せて使われることが多い。

ただし、【マルコビート】【ラムダビート】の台頭で立場を奪われており、3コストのこのカードは【青単速攻】には入らないことから、現在では活躍の場は限られる。
エピソード2辺りからウィニーを軽視するデザインが増えてきており、その点でも向かい風が吹いていると言える。

しかし、素のスペックは相変わらず優秀なので、ビートダウン【白青コントロール】を中心に採用する価値はまだあると言える。相性のいいデッキをみつけてやりたい。

  • 細かいが、名前の表記は「ク『ウ』リャン」ではなく「ク『ゥ』リャン」である。漫画においても「クウリャン」と間違えられている。発音が難しいが、宣言する時は注意しよう。公式ですら、《ラブリー・ハート》MODE→CHANGE版のフレーバーテキストでは「クウリャン」と誤植されている。
  • アニメ「ビクトリーV3」では自らのことを「お得なカード」と言っていた。

関連カード

相互互換

フレーバーテキスト

収録セット

参考