《クラッシュ・リザード》

クラッシュ・リザード C 火文明 (4)
クリーチャー:メルト・ウォリアー 3000
このクリーチャーがバトルに勝った時、相手のマナゾーンからカードを1枚選び、持ち主の墓地に置く。

DM-14で登場したメルト・ウォリアー

バトルに勝った時にランデスを行う。だがパワーが低く、意外と誘発させるには手間がかかるため、使われることは少ない。

《無限掌》を使えば相手のクリーチャーの数だけランデスが出来る。だが勝たなければ意味が無いので、パンプアップと合わせる必要があるだろう。

転生編当時と比べれば、バトルをする手段は増えている。3000という微妙なパワーを何とかしてやれば、開発者ですら想定できなかったほどの成果を上げられるだろう。

メルト・ウォリアーとしては相対的に軽いため、進化元シンパシー元として採用することもできる。その場合、軽いうえに採用率が高い《血風神官フンヌー》《アパッチ・ヒャッホー》の存在が気になるか。

フレーバーテキスト

  • DM-14
    半端な覚悟は捨てちまえ。肉を斬るなら、骨もだろ!

収録セット

参考