《クルトの気合釣(きあいづ)り》

クルトの気合釣り C 光文明 (1)
呪文
S・トリガー
呪文を1枚、自分の墓地から山札の一番上に置く。

DM-36で登場した呪文

自分の墓地呪文を1枚、山札の上に置くことができる。

サルベージではないので、直接のハンドアドバンテージには繋がらない。だが、呪文山札の上に戻るので、次のターンに引けばまた使うことができる。

殿堂入りしているような強力な呪文でも間接的に回収可能。ただし、同じ文明には4マナ墓地呪文手札に戻せる《魔光王機デ・バウラ伯》がいるので、コスト軽い点をうまく生かしていきたい。

1マナ呪文ゆえに《天雷王機ジョバンニX世》によって毎ターン回収可能。自分へのドローロックはかかるが、一応《ガード・グリップ》で補う事は可能。毎ターン強力な呪文を連発されては相手からすればたまった物ではないだろう。
実際、【ジョバンニスコール】においては、「《ジョバンニX世》で使い回すことで自分にドローロックをかけ、自分のライブラリアウトを防ぐ」という役割を持っていた。現在は《ジョバンニX世》がプレミアム殿堂になり、【ジョバンニスコール】は構築不可能となっている。

特に《英知と追撃の宝剣》を連打できれば、マナバトルゾーンを完全に拘束してライブラリアウトまで持ちこめてしまうことも十分あり得る。

普通に使っても効果が薄いため、このような呪文コンボを利用してこそだろう。

サイクル

DM-36で登場したコモンの1コスト呪文サイクル
イラストに描かれているのは過去に登場した1コストクリーチャー

関連カード

フレーバーテキスト

  • DM-36
    釣り上げた魚が大きな口を開けた。それ以降クルトの姿を見た者はいない…。

収録セット

参考