《グロティス・インカーン/陰影なる印影(シャドウ・シルプレス)

グロティス・インカーン VR 闇文明 (6)
クリーチャー:マフィ・ギャング 6000
W・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、相手のクリーチャーを1体選ぶ。そのターン、そのクリーチャーのパワーを-5000する。
ラスト・バースト
陰影なる印影 VR 闇文明 (3)
呪文
相手のクリーチャーを1体選ぶ。このターン、そのクリーチャーのパワーを-5000する

DMRP-07で登場したマフィ・ギャング
クリーチャー面はトリガーの消えた《集器医 ランプ》に変わりにW・ブレイカーをつけたスペック。
そしてラスト・バーストにより《カミカミ・カーニバル》と同等のパワー低下が行える。
合計でなんと10000ものパワー低下が行えるため可能性を秘めている。

たとえば「このクリーチャーをだして5000以下を除去→《堕魔 ドゥポイズ》などを召喚しこのクリーチャーを破壊してラスト・バーストを発動しもう一体5000以下を除去→そして《ドゥポイズ》などの効果でクリーチャーを除去」・・・という具合に3体除去することもできる。

ただし、コストが中途半端に高いため、ラスト・バーストまで行こうとしても、タイムラグが生じる。上手く使うなら、はじめにコスト3で呪文を撃てることに注目しておきたい。

  • これは応用になるが《Dの地獄 ハリデルベルグ》との相性も良い。《ハリデルベルグ》の効果と組み合わせれば9000ものパワー低下となりDスイッチでさらに5000以下を除去できる。

関連カード

フレーバーテキスト

収録セット

参考


Last-modified: 2018-10-17 (水) 02:31:31