《ケロヨン・カルテット》

ケロヨン・カルテット R 光/水文明 (4)
クリーチャー:ゲル・フィッシュ 1000
自分のターンのはじめに、バトルゾーンに自分の《ケロヨン・カルテット》が4体あれば、自分はゲームに勝利する。
このクリーチャーが破壊される時、墓地に置くかわりに手札に戻す。

DMR-04で登場した/ゲル・フィッシュ

5枚目のエクストラウィンを持つ初の多色カードで、自分ターンのはじめに《ケロヨン・カルテット》が4体揃えば問答無用で勝つ。

モヤシ持ちなのでしぶとくバトルゾーン召喚し続けることが可能だが。パワーが低く除去に弱い。というより、エクストラウィンの条件を考えるとそう簡単に除去できなければただの壊れカードになってしまうのでこのスペックは妥当であろう。

他のエクストラウィンに比べると、能力トリガーするのがターンのはじめなのがネック。このクリーチャーを相手のターンにでも出さなければ、相手の返しのターンを待たないといけないため妨害されやすい。
パンプアップしない限り、相手の《ローズ・キャッスル》《希望の親衛隊ファンク》1枚でバトルゾーンに存在できなくなってしまう点は非常に痛い。

また、シールド《ケロヨン・カルテット》が埋まると4枚揃わなくなってしまうが、《名も無き神人類》が登場したことでこの問題は解消された。中央G・リンク360で好きなカード名を得られるため、最大8枚体制に出来る。

もしくは、何らかの手段で山札にあるカードサーチしたり、《ヴァリアブル・ポーカー》などでシールドカード回収できるようにしておきたい。

同名カードを参照する効果とは相性がよい。特に《ドラム・スピリット》《メタルコックのタイマー》《JK大バクチ》《JK神星シャバダバドゥー》などの効果を使うと、山札にある限り《ケロヨン・カルテット》が増殖していく。
その他、《神羅ヘルゲート・ムーン》墓地からまとめてリアニメイトしたり、《神羅パンゲア・ムーン》がいる状態で《ケロヨン・カルテット》を出すという方法もある。

《無双龍聖ジオ・マスターチャ》ドラゴン化して《ドラグハリケーン・エナジー》を使ったり、《神秘と創造の石碑》リクルートすることもできる。

エクストラウィンとして使わず単なるブラフとして活用するのもいいかもしれない。今までのエクストラウィンを持つカードに比べると単体では非常に出しやすいため、相手は必死になって除去してくることだろう。

条件は厳しいものの、その分研究のし甲斐のあるカードである。

専用デッキについては「【ケロヨン・カルテット】」を参照。


ルール


その他

  • 1ターンですべてを揃えたい場合は膨大なマナを必要とするので、その場合は自然の投入はほぼ確実だろう。また、能力の性質上、デッキに4枚ぶち込まなければ全く使えないのでカードを集めないといけないというのは資産上の欠点だろう。
  • カルテット(Quartet)とは四人組、四重奏という意味。4人揃って歌うだけでゲームに勝利するとはあまりにも強烈なものである。

収録セット

参考


Last-modified: 2019-01-11 (金) 20:51:39