《ケンゲキオージャ 〜究極火焔(ファイナル・フレア)〜》

ケンゲキオージャ 〜究極火焔〜 VR 火文明 (25)
進化クリーチャー:フレイム・モンスター 23000
進化−バトルゾーンにある自分の、名前に《ゴウケンオー》とあるクリーチャー1体の上に置く。
ソウルシフト
Q・ブレイカー
相手の呪文またはバトルゾーンにある相手のクリーチャーの能力によって、このクリーチャーがバトルゾーンを離れる時、自分はゲームに勝利する。

DM-35で登場した進化フレイム・モンスター

相手の呪文効果あるいはクリーチャー能力バトルゾーンを離れる時、自分はゲームに特殊勝利する能力を持つ。

ケングレンオーの進化5段階目にして最終形態。
これまでにあったタップ能力は無くなったが、場を離れるとエクストラウィンという強烈極まりない効果を手に入れた。
相手としてはパワー23000のQ・ブレイカーというこの超巨大クリーチャーをどうにか除去したいところだが、スレイヤーで倒した場合もクリーチャー効果に含まれるのため、このクリーチャー除去するためにはバトルで勝つ、もしくは《タイフーン・バズーカ》等のクロスギア《怪魔城 ポチョムキン》等ので対処するしかない。

しかし、普通にブロックする分には問題ないため、ただのファッティとして無視すればそれほど脅威では無くなる。
《無限掌》《鬼装 オーガ・フィスト》《イモータル・ブレード》あたりを使われたら悲惨だが。

また、ここまで進化させるために《光器クシナダ》などでサポートしてくると、このクリーチャー自身も狙われにくくなり本末転倒な状態になってしまう。
とはいえ、このクリーチャーが出ているだけで使用者が対象を選ぶタイプ以外の除去を使えないという牽制になる。

このようにバトルゾーンに出てきたら厄介だが、普通に進化させようと思うと数ターンかかる。
ここに来るまでに除去することが一番の対策かつ弱点と言えるだろう。特にスレイヤーを使用するデッキの場合はまさに、出されたらほぼ負け確定と言っても過言ではないため全力で阻止する事。

ルール

その性質から「除去されればエクストラウィンできる」と単純に考えがちだが、実際にはエクストラウィンできるパターンとできないパターンが存在する。
非常にややこしく、ルールに対する正しい理解が必要である。特に公式や公認のイベントでの使用に際しては、しっかりとした下調べが必要だろう。

エクストラウィンを得られないパターン

以下の通り。


その他

関連カード

進化元

収録セット

参考