《ゲオルグ・バーボシュタイン/ゴースト・タッチ》

ゲオルグ・バーボシュタイン VR 闇文明 (4)
クリーチャー:マフィ・ギャング 3000
スマッシュ・バースト(このクリーチャーが攻撃する時、このカードの呪文側を、バトルゾーンに置いたままコストを支払わずに唱えてもよい)
相手が手札を1枚捨てた時、相手のクリーチャーを1体選ぶ。そのターン、そのクリーチャーのパワーを-3000する。(パワー0のクリーチャーは破壊される)
ゴースト・タッチ VR 闇文明 (2)
S・トリガー
相手の手札を1枚見ないで選び、捨てさせる。

DMRP-08で登場したマフィ・ギャングツインパクト

クリーチャー面はスマッシュ・バーストに加え、ハンデス時に相手クリーチャーパワー低下を発揮させる効果を持つ。
攻撃するだけで呪文側のハンデスを行うだけでなく、さらに相手クリーチャーパワーを-3000させて弱らせることができることから、単純に相手にとっては地味に痛い。

当然、手札を複数枚捨てさせられるとその分重複されるため、枚数次第で相手クリーチャーを全滅することとなり、大量ハンデスが狙える《ロスト・ソウル》《ファイナル・アンサー》が強力な除去呪文へと変化させる。特にバトルゾーンを離れない耐性持ちには効きやすい。
しかも相手がディスカードを要求した場合でも発揮されるため、相手は迂闊に手札を捨てることすら困難となる。

ただし、効果を発揮させるには相手手札クリーチャーの数に気を付けなければならず、その際はパワー低下をオマケとして考えておこう。

呪文側は《ゴースト・タッチ》の同型。
S・トリガーが付いているため、相手ターンでも使うことができ、さらにリアニメイトの範囲に入りやすいコストを生かして使い回すことが可能。分かりやすいところでは《Mの悪魔龍 リンネビーナス》によるリアニメイトの範囲内であり、スピードアタッカー付与によってすぐさまスマッシュ・バーストを発動できる。

  • 名前の由来はアルベルト・アインシュタインだろう。また、「ゲオルグ」はドイツ語の姓の1つである。マフィ・ギャングの命名ルールから考えるに、ゲオルク姓の哲学者のいずれかが由来とみられる。

サイクル

DMRP-08で登場したベリーレアツインパクトサイクル
クリーチャー面はすべてスマッシュ・バースト持ち、呪文面はすべて過去のS・トリガー呪文をそのまま採用している。

関連カード

フレーバーテキスト

収録セット

参考


Last-modified: 2018-12-15 (土) 17:02:55