《ゴールデン・ザ・ジョニー》

ゴールデン・ザ・ジョニー MAS 無色[ジョーカーズ] (7)
クリーチャー:ジョーカーズ 10000
スピードアタッカー
W・ブレイカー
マスター・ブラスター(このクリーチャーが攻撃する時、バトルゾーンまたはマナゾーンに自分のジョーカーズが合計4枚以上あれば、バトルゾーンにある相手のカードを1枚選ぶ。相手はそれを自身の山札の一番下に置く)
相手は、各ターンに一度しか呪文を唱えられない。

プロモーション・カードで登場した無色ジョーカーズ
能力マスター・ブラスターを持ち、相手に各ターン1度しか呪文を使えなくする能力を持つ。

能力は本家《ジョリー・ザ・ジョニー》以上に堅実なもの。
基本的なスペックはそのままに、マスター・W・ブレイカーは毎ターン使える擬似アタックトリガーに変化。さらに最初の一発は許してしまうものの、それ以降の相手呪文の使用を禁止するロック能力が付いている。

マスター・ブラスターなる新能力は相手のカードを1枚選び、山札の一番下に送る効果。
これは《アリゾナ・ヘッドショット》をイメージした能力だと思われるが、やはりカード指定除去は腐りづらく堅実。間違えなく強い。
ジョーカーズの枚数の条件は付いているものの、それはたった4枚と非常に少ない。当然、このクリーチャー自身もそれに含まれるので、事実上他に3枚のジョーカーズをマナゾーンかバトルゾーンに揃えておけば良いという事になる。この程度なら、条件達成に至らないという状況の方が稀であろう。
使い切りの呪文に頼る事無く今まで対処しづらかったドラグハートD2フィールドをどかしつつビートさせることができるようになった。
特に、《Dの博才 サイバーダイス・ベガス》を簡単に除去できるのは大きく、これで【青黒赤ドギラゴン剣】に対して【ジョーカーズ】はかなり強気に出られるようになった。
カード指定除去という事で上記の様に非クリーチャーカードばかりに目が行くが、普通にクリーチャーをどかすだけでも強力。破壊ではなく、山札の下送りなのでpigの発動も許さない。邪魔なブロッカーシステムクリーチャーを排除してしまおう。《卍 デ・スザーク 卍》にはタップインで止められてしまうが、パワーが1000勝っているので破壊され難くなっている。

呪文ロックの方も地味に強力。
1枚目の呪文で除去されればそのロックは解けてしまうとはいえ、使われると対処するのはかなり面倒だろう。
このクリーチャーがブレイクしたシールドに複数枚の呪文S・トリガーがあっても、使えるのはそのうち1枚だけ。仮にその1枚で《ジョニー》を除去しても、残りのS・トリガーはもう使えない。《破界秘伝ナッシング・ゼロ》で5打点にした上で攻撃する、というのも相手によってはありだろう。

この様に、総評としてはバトルゾーンに残して恒久的なアドバンテージを取るシステムクリーチャーとしての運用よりは、詰めのフィニッシュとしての運用が主になるか。

  • イラストには巨大なガトリング砲を構えるジョニーの姿が。「1発が全て」とはなんだったのか。

関連カード

フレーバーテキスト

収録セット

参考