《シェル・エイトレス》

シェル・エイトレス C 自然文明 (4)
クリーチャー:コロニー・ビートル 2000
S・トリガー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札の上から1枚目をマナゾーンに置く。

DMRP-03で登場したコロニー・ビートル

S・トリガーを持っており、cipマナブーストをする。

《霊騎アウリエス》と比べると、パワー能力は変わらずにコストが1少なくなった。種族で区別出来るが、それでも上位互換と言っても差し支えないだろう。これもまた、昨今のパワーインフレを象徴するカードといえよう。

《さくらいおん》はこちらより1コスト大きい代わりにパワーが1000大きいので、こちらの上位種であるが、パワーの差が活きる場面が少なくcipだけ使って終わりになりがちなので実質的にはこちらの方が上位互換に近い。

コストが4なのでマナを2→4に増やす動きに組み込みやすく、《霊騎アウリエス》よりもコストが下がった事で手打ちがしやすくなったのが大きな利点。また、《霊騎アウリエス》と同じくパワー2000のクリーチャーが場に残るので【速攻】相手の殴り返しにも使える。サポートがほぼ無いコロニー・ビートルなのが難点だが昨今では単純に自然クリーチャーである事を参照するカードも多いのでクリーチャーが場に残る事の利点は決して小さくはない。

関連カード

フレーバーテキスト

  • DMRP-03
    野菜兵器たちの活動が、の巨大化に従って活発になる一方で、に影響を受けずにいる種族もいる。

収録セット

参考