《シザー・アイ》

シザー・アイ C 水文明 (4)
クリーチャー:ゲル・フィッシュ 3000

DM-02で登場したゲル・フィッシュ。見てのとおりのバニラクリーチャー

文明は、トリッキーな呪文能力を持つ代わりにパワーが低いという特徴をもつが、バニラである《シザー・アイ》はその恩恵にあやかれず、結果弱みだけが残り悲惨なコストパフォーマンスになってしまった。この頃のバニラにはよく見られた光景である。

当然、明らかに実戦に堪えうるスペックではないが、なぜかその弱さが愛され、固定ファンさえつくカードとなってしまった。このカードをクロスギアなどでガチガチに強化し殴るという、【シザー・愛】と呼ばれるファンデッキも存在する。

このカード種族以外全く同じスペックカードは他にも複数あるが、なぜかこのカードのみがしばしば最弱カードの代表にあげられている。強さはともかく、結局バニラなので実際はそこまで使いづらいカードではない。

もっとも、デュエル・マスターズにはこのカードの他にも凡庸なスペックのカードは山ほどあり、曲がりなりにもネタカードとして愛されているこのカードはかなりマシな存在だろう。

それから、15年の時を経たDMRP-04裁にて《シザー・ラヴ》が登場。同種族、同コストだがパワーが1000上がっている。とは言っても、まともな使い道は無いので【シザー・愛】に一緒に積むのも有りだろう。

  • コロコロコミックDM-02のリストが公開されたとき、カード1枚1枚にテクニック型・馬力型などの役割が載せられていたが、このカードにはそれすらされていなかった。
    その後、市販のカードリストではパワー型と分類されたが、他の使いづらいカードに何らかの使い道を見出す中、このカードには使い道が書かれていない。
    (別にこのカードに限ったことではないが。)

関連カード

相互互換

フレーバーテキスト

収録セット

参考


Last-modified: 2019-01-12 (土) 13:52:04