《シンカイサーチャー》

シンカイサーチャー VR 水文明 (6)
クリーチャー:ブルー・モンスター 4000
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分の山札を見る。その中からカードを1枚選び、手札に加えてもよい。その後、山札をシャッフルする。

DM-28で登場したブルー・モンスター

クリーチャー《クリスタル・メモリー》
要するに《ルナ・ブライトホーク》下位種であり、文明種族を考慮しないなら《真理の伝道師レイーラ》上位互換

この手のサーチ内蔵クリーチャーでかつて使用頻度が高かった《鳴動するギガ・ホーン》と比べると、サーチ対象拡大とパワーを引き換えにコストが上昇。
6コストサーチクリーチャーとしては遅すぎる感はあるが、何でもサーチできる汎用性は魅力であった。

しかし長期戦を狙うコントロールデッキならば、パワーの高い《ルナ・ブライトホーク》のほうが役立つ場面が多かった。
ビートダウンならやはり《鳴動するギガ・ホーン》が強く、このカードは微妙なポジションではある。
DM-39で登場したモンスター進化である、《百獣王ミリオンデス》進化元として考慮されるようになったが、モンスターデッキならこのカードの採用も考えられるようになるだろうと見られた時期もあった。

ところが革命編環境以降は高速化によってクリーチャーの分だけ重くなっているこのカードは見向きもされなくなった。より軽く汎用性も高い《水晶の記録 ゼノシャーク/クリスタル・メモリー》の登場でとどめを刺された感がある。

現在入るデッキがあるとすればコストの数字を活かせる【6軸ガチロボ】程度なものだろう。

関連カード

フレーバーテキスト

  • DM-28
    海が世界を繋げる道ならば、深海を走る者は世界を行き来するだろう。
  • DMD-13
    シンカイサーチャーの力を借りれば確実にパワーアップできる!と、カツドンは突如ひらめいたのだった。

収録セット

参考