《ジャンゴ・ニャーンズ》

ジャンゴ・ニャーンズ R 自然文明[ジョーカーズ] (6)
NEOクリーチャー:ジョーカーズ 6000
NEO進化:自分のジョーカーズ・クリーチャー1体の上に置いてもよい。(クリーチャーが下にあれば、これをNEO進化クリーチャーとして扱う)
Jチェンジ8(このクリーチャーが攻撃する時、このクリーチャーと自分のマナゾーンにあるコスト8以下のジョーカーズ1体を入れ替えてもよい)
W・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンを離れた時、そのターン、自分のクリーチャー1体のパワーは+5000され、シールドをさらに1つブレイクする。

DMRP-07で登場した自然NEOジョーカーズ

進化で即座に殴れるNEO進化Jチェンジの相性はよい。
バトルゾーンを離れた時のパンプアップJチェンジで能動的に誘発でき、いずれの能力も噛み合っている。
基本的には進化Jチェンジしつつ、チェンジ先のクリーチャー追加ブレイクを付与する使い方になるだろう。

Jチェンジ8とバトルゾーンを離れた時のパンプアップブレイク枚数追加を持つ。
自分のクリーチャーを1体消費したうえでブレイク数を1枚増やすという性質上、チェンジ先のクリーチャーによってはブレイク数が増えないことがある。ブレイク数を増やす場合はW・ブレイカー以上を出すようにしたい。

次弾で登場した《オラマッハ・ザ・ジョニー》マスター・マッハファイターとの相性は最高であり、マスター・マッハファイターでのブレイク数を2倍にできる。恐らくは《オラマッハ・ザ・ジョニー》との併用が前提であったのだろう。

ただ、実際の環境ではマナ回収によって小回りが利く《ソーナンデス》に同コストのJチェンジ8持ちとして立場を奪われている。《オッケーBros.》【ジョット・ガン・ジョラゴン】からすぐに脱落したように、単にブレイク数を伸ばすだけでは厳しいと言えるだろう。

  • アニメ「デュエル・マスターズ!」では、切札 ジョー自然文明のお宝への道案内をさせるために生み出したジョーカーズ。しかし、冒険が好きすぎるあまり最も困難なルートを選んでしまう。

関連カード

収録セット

参考