《ジュースダス・タンク》

ジュースダス・タンク UC 自然文明 (4)
クリーチャー:グランセクト 4000
自分のNEOクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分のマナゾーンにあるクリーチャーを1体、その下に置いてもよい。

DMRP-04裁で登場した自然グランセクト

自分のNEOクリーチャーバトルゾーンに出した時、マナゾーンにあるクリーチャーを1体、そのに置く事ができる。

進化元無しで非進化クリーチャーとして出したNEOクリーチャー進化クリーチャーに変える事が出来るのは何かと便利。実質マナ進化として扱えたり、キズナプラスをすぐに発動させたり、高コストクリーチャーを仕込んで退化させたりと様々な用途がある。

NEOクリーチャーの下に置けるクリーチャーに文明などの指定はない。例えば文明《奇石 コントロ》の下に文明《終末の時計 ザ・クロック》を仕込む事もできる。

その中でも一番相性がいいと思われるのは《ジャババ・ハット》だろうか。自己蘇生する際の進化元マナゾーンからも擬似的に選べるようになり、極端な話バトルゾーン進化元を用意しなくても連続攻撃ができるようになる。
この際《フウセンアワダケβ》を仕込むようにすると、あちらの墓地送りに反応してマナゾーンに戻ってくるので、進化元として無限に利用する事ができる。
これでマナゾーンバトルゾーンから自分のクリーチャーがなくなるか、破壊以外の除去を受けるかしなければ比較的簡単に1ショットキルが成立する。

また、NEO進化はその特性から低コストなものが多く存在する。
この特性を活かせば、例えばこのクリーチャーの4マナから《ロロカゲティ》《ロローコギ》に繋げると、残ったマナ《龍脈術 落城の計》唱える事ができ、コンパクトに退化が狙える。

当然だがマナゾーンからの仕込みのため、後のことを考えずに使うとテンポアドバンテージを損なってしまう。ビートダウンにもコントロールにも応用できる能力ではあるが、使用するタイミングは考えたい。

  • 名前の由来はジュースを出すタンク、つまりジュースサーバー。カブの形をしたジュースサーバーとニンジンの形をしたドリンクカップ、スイカとキウイで出来た移動販売車がカードイラストに描かれている。

フレーバーテキスト

  • DMRP-04裁
    いまだ、正体のわからないNEOの力。結局その正体が明かされる日が来るかはわからない…。だが、多くのキズナをつなげる力である事は間違いない。

収録セット

参考