《ジョット・ガン・ジョラゴン Joe》

ジョット・ガン・ジョラゴン Joe MAS 無色[ジョーカーズ] (9)
クリーチャー:ジョーカーズ・ドラゴン 12000
バトルゾーンに自分のジョーカーズが6体以上あれば、このクリーチャーを召喚するコストは1になる。
スピードアタッカー
T・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札の上から2枚を表向きにして手札に加える。それらのコストの合計以下になるように、バトルゾーンにある相手のカードを好きな枚数選ぶ。相手はそれを好きな順序で自身の山札の一番下に置く。

DMRP-04魔で登場したジョーカーズ・ドラゴン

バトルゾーンに自分のジョーカーズが6体以上並ぶことで1コスト召喚できる、スピードアタッカー持ちのT・ブレイカー。さらに、cip山札の上から2枚を表向きにして手札補充し、それらのコストの合計以下のコストになるよう割り振りカード指定除去を行う。

普通に召喚すると9コストは重いが、ジョーカーズが6体以上いるとコストは1に軽減される。ウィニーを並べるというデッキコンセプトである【ジョーカーズ】では6体など簡単に並ぶので、1コストで召喚できるスピードアタッカーT・ブレイカーという破格のスペックになる。

そして場に出すと、cip山札の上から2枚を表向きにしたあと、相手のカードのコストが、そのコストの合計以下になるように選び、それらの選んだカードを山札の下に送る、という除去能力を持つ。【ジョーカーズ】では捲ったコストの合計が5程度にとどまることも多いだろうが、それでも《Dの博才 サイバーダイス・ベガス》《Dの牢閣 メメント守神宮》が射程範囲内ということもあり、決して弱い能力ではない。また、上記の軽減を合わせて手札にこのカードを貯めておけば、例え1回目は外れても2、3体目のこのクリーチャーが召喚され、能力を連続で使用することも難しくないだろう。同時期に出てきた《卍 デ・スザーク 卍》等の無月の門を持っているクリーチャーの対処にも有効。無月の門の下のカードはコスト0と扱われる為、それらをはがしつつ、墓地に置かないことで再利用させないという点は非常に評価できる。さらに、それらの「カードの下に〜」から始まる能力を無力化できる。

また、このカードはビッグマナとの相性も良い。ビッグマナの場合だと、10コスト前後の高コストカードを多数使用するので、2枚で15コスト前後捲れるというケースも多く、さらにコスト指定の割り振り火力であることから、相手がどのデッキタイプでも強力な除去になる。
また、登場直後に《龍仙ロマネスク》殿堂解除。これにより、【5色フェアリー・ミラクル】でも従来より安定して早期に、このクリーチャーのような高コスト域に繋げることができるようになった。当然、これらのデッキはこのクリーチャーのコスト軽減が使えず、多くの場合9コストを支払って出すことになる。また、無色であるため《フェアリー・ミラクル》マナ基盤になれないのも痛い。しかしこのように、ジョーカーズでありながら、【ジョーカーズ】以外のデッキタイプでも、十分に採用が考えられるカードであることは間違いないだろう。

《ジョジョジョ・マキシマム》と同じく、手軽に使用できる条件を満たせない場合は腐るので、事故率を上げないように採用枚数を調整しよう。

  • 効果が判明した当初は、「このクリーチャーコストは1になる」というコスト軽減条件のテキスト不備から、「《ヘブンズ・フォース》に対応するのではないか」などの様々な運用法が考案された。また、カード指定除去に関する曖昧なテキストが「捲ったカードのコストの合計以下の枚数になるように選ぶ」とも解釈できることから、一時期話題を呼んだ。
    • しかし後に前者の効果はエラッタが出され、コスト軽減であることが明確なテキストになった。後者の効果も、「捲ったカードのコストの合計以下のコストになるように選ぶ」という裁定が出された。当然、現在のテキストと裁定でも十分強い。
  • 《ジョジョジョ・マキシマム》登場以降はどんなクリーチャーからでも【ジョーカーズ】は打点を簡単に形成できるようになったため、逆に言えば原則として打点にならない《はずれポンの助》を大量に投入する構築にすると、このカードのコスト軽減元を通常より簡単に用意でき、元々3打点を持っている点に合理的な意味を与えることができる。《夢のジョー星》を加えると増えたクリーチャーからマナなどを伸ばせてさらに速度が増すだろう。
  • 似た効果を持つ《無法伝説 カツマスター》と比較すると、コスト指定になっているだけでなく、捲るカードも1枚減っている。しかし山札の下に送るので、相手に墓地を利用されない点はこのクリーチャーの利点。
  • 【デ・スザーク】との対面では自軍のクリーチャーが除去の連打により並びづらくコスト軽減を活かし辛いことから意外と腐るカードである。ただ、溜めこんだ手札を使って終盤に一気に盤面を揃えると、相手の《卍 デ・スザーク 卍》を再利用が困難なゾーンに飛ばすことができる。
  • この手の効果では珍しく、捲ったカードは全て手札に加える。そのため、対象になるカードが存在せず、除去が不発になった場合でも、無駄になることはない。

関連カード

収録セット

参考


Last-modified: 2019-01-11 (金) 03:32:17