《ジョット・ガン・ジョラゴン Joe》

ジョット・ガン・ジョラゴン Joe MAS 無色[ジョーカーズ] (9)
クリーチャー:ジョーカーズ・ドラゴン 12000
バトルゾーンに自分のジョーカーズが6体以上あれば、このクリーチャーを召喚するコストは1になる。
スピードアタッカー
T・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札の上から2枚を表向きにして手札に加える。それらのコストの合計以下になるように、バトルゾーンにある相手のカードを好きな枚数選ぶ。相手はそれを好きな順序で自身の山札の一番下に置く。

DMRP-04魔で登場したジョーカーズ・ドラゴン

バトルゾーンに自分のジョーカーズが6体以上並ぶことで1コスト召喚できる、スピードアタッカー持ちのT・ブレイカー。さらに、cip山札の上から2枚を表向きにして手札補充し、それらのコストの合計以下のコストになるよう割り振りカード指定除去を行う。

普通に召喚すると9コストは重いが、ジョーカーズが6体以上いるとコストは1に軽減される。ウィニーを並べるというデッキコンセプトである【ジョーカーズ】では6体など簡単に並ぶので、1コスト召喚できるスピードアタッカーT・ブレイカーという破格のスペックになる。

そして場に出すと、cip山札の上から2枚を表向きにしたあと、相手のカードコストが、そのコストの合計以下になるように選び、それらの選んだカード山札の下に送る、という除去能力を持つ。【ジョーカーズ】では捲ったコストの合計が5程度にとどまることも多いだろうが、それでも《Dの博才 サイバーダイス・ベガス》《Dの牢閣 メメント守神宮》が射程範囲内ということもあり、決して弱い能力ではない。また、上記の軽減を合わせて手札にこのカードを貯めておけば、例え1回目は外れても2、3体目のこのクリーチャー召喚され、能力を連続で使用することも難しくないだろう。同時期に出てきた《卍 デ・スザーク 卍》等の無月の門を持っているクリーチャーの対処にも有効。無月の門の下カードコスト0と扱われる為、それらをはがしつつ、墓地に置かないことで再利用させないという点は非常に評価できる。さらに、それらの「カードの下に〜」から始まる能力を無力化できる。

また、このカードビッグマナとの相性も良い。ビッグマナの場合だと、10コスト前後の高コストカードを多数使用するので、2枚で15コスト前後捲れるというケースも多く、さらにコスト指定の割り振り火力であることから、相手がどのデッキタイプでも強力な除去になる。
また、登場直後に《龍仙ロマネスク》殿堂解除
これにより、【5色フェアリー・ミラクル】でも従来より安定して早期に、このクリーチャーのような高コスト域に繋げることができるようになった。当然、これらのデッキはこのクリーチャーコスト軽減が使えず、多くの場合9コストを支払って出すことになる。また、無色であるため《フェアリー・ミラクル》マナ基盤になれないのも痛い。しかしこのように、ジョーカーズでありながら、【ジョーカーズ】以外のデッキタイプでも、十分に採用が考えられるカードであることは間違いないだろう。

《ジョジョジョ・マキシマム》と同じく、手軽に使用できる条件を満たせない場合は腐るので、事故率を上げないように採用枚数を調整しよう。


環境において

登場当初の環境にはマナゾーンの枚数を参照する形式のコスト踏み倒しメタがあまり存在しなかったため主流の地位であったが、その方式のコスト踏み倒しメタそのものである《奇石 ミクセル/ジャミング・チャフ》の登場によって数を減らした。《ジョット・ガン・ジョラゴン》ジョラゴン・ビッグ1目当てに投入使用にも初期型の【ジョット・ガン・ジョラゴン】《オッケーBros.》などのアンタップ能力を持つクリーチャーが優先された。

DMRP-07発売直前の環境でも《燃えるデット・ソード》が優先されていたが、DMEX-04期になると相手の《ジョット・ガン・ジョラゴン》起点となるクリーチャーを除去して出鼻を挫けることから【ジョット・ガン・ジョラゴン】のミラーマッチ対策要因として1枚から2枚程度挿されるようになった。


  • この手の効果では珍しく、捲ったカードは全て手札に加える。そのため、対象になるカードが存在せず、除去が不発になった場合でも、無駄になることはない。

関連カード

収録セット

参考


公式Q&A

Q.《ジョット・ガン・ジョラゴンJoe》で山札の上2枚を手札に加える時、《キング・ザ・スロットン7/7777777》が含まれていました。コストをいくつとして数えたらよいですか?
A.ツインパクトカードを参照する時は、適正なカードタイプのうち好きな方を選ぶことができます。この場合コストは呪文側の3としてもクリーチャー側の7としても数えることができます。
引用元