《ジョット・ガン・ジョラゴン》

ジョット・ガン・ジョラゴン MDG 無色[ジョーカーズ] (7)
クリーチャー:マスター・ドラゴン/ジョーカーズ 11000
このクリーチャーを召喚する時、ジョーカーズを好きな数バトルゾーンから自分の手札に戻し、その数だけ、召喚コストを1少なくしてもよい。
スピードアタッカー
W・ブレイカー
このクリーチャーが攻撃する時、カードを1枚引き、その後、手札を1枚捨てる。
ジョラゴン・ビッグ1:ジョーカーズを自分の手札から捨てた時、その「このクリーチャーがバトルゾーンに出た時」で始まる能力を1つ使ってもよい。

DMRP-05で登場したマスター・ドラゴン/ジョーカーズ

ジョーカーズ手札に戻しただけ自身の召喚コストを減らし、攻撃時に1ドロー手札を一枚捨てる効果、そして新能力ジョラゴン・ビッグ1を持つ。

一つ目の能力バトルゾーン自分ジョーカーズ手札に戻した数だけコスト軽減することができるというもの。ジョーカーズ6体以上並べる必要があった前身の《ジョット・ガン・ジョラゴン Joe》と比べると元々のコストが7と軽く《ジョット・ガン・ジョラゴン Joe》より早いタイミングで召喚することが出来る。《ヤッタレマン》コスト軽減手札に戻しても発揮できるので、序盤で並べた《ヤッタレマン》3体を戻すと最速3ターン目に1マナでこの大型クリーチャーが飛んでくる。
場に出したジョーカーズを減らすのは一見するとデメリットではあるが、cip能力を持つジョーカーズを回収し後述の能力を使うために再利用する事ができる。またツインパクトを持つジョーカーズを回収し呪文側を使う事が出来るなど利点も多い。最も、手札に戻したくなければ戻さなければいいだけの話である。

次いで二つ目はアタックトリガーで1枚ドローし、1枚手札から捨てるというもの。単純に見ると1:1の手札交換だが、その真髄はジョラゴン・ビッグ1を発動できることにある。

このクリーチャーの目玉であるジョラゴン・ビッグ1は、「手札を捨てた時に捨てたジョーカーズcip能力を1つ使う」という他ジョーカーズ効果を自身で使うというもの。ジョーカーズcip能力を持つ者が多く、運が悪かったり手札が枯渇しない限り何かしら能力を使うことができ色々組み合わせることができる。何気にハンデスにも強く、相手は迂闊に《ロスト・ソウル》などを打てなくなるだろう。

効果の組み合わせの一例は次のとおり。

あくまで「手札から捨てた時」のため自分相手問わず他のカード効果手札を捨てる効果で発動できる。場にこのカードを出しておけば、相手ハンデス効果をある程度牽制することもできる。

コスト軽減ジョラゴン・ビッグ1共々、得られるアドバンテージとそれに伴う代償がはっきりしており効果は強力だが何も考えずに使うと場のクリーチャーを減らし、手札を消費するだけになりかねずS・トリガーなどで除去されると不利に陥ってしまう。元になったガンマンのように銃(カード効果)を理解しそれに応じた効果を選択するプレイングを心がけたい。単にシールドブレイクするだけだと1コスト重い《超特Q ダンガンオー》のような使い勝手になってしまうため、《バイナラドア》などによる相手への妨害を挟むと効果的。

登場当初は《ガンバトラーG7》軸の方が高いシェアを誇っていたが、《ゼロの裏技ニヤリー・ゲット》殿堂入りすると早期に1ショットキルすることが難しくなったため、《ガヨウ神》を挟んだ中速を志向するこのカードの方が主流となった。実際の対戦ではバウンスによるコスト軽減を利用せずに普通に召喚してしまうことも少なくない。

ルール

他のカードとの相性

その他

  • なぜか公式サイトではレアリティがMDGではなくMASになっている。
  • アニメではドラゴンの欲しかったジョーの為にデッキーがケツを鍛えに鍛えようやく産み出す事の出来たサッヴァークに次いで生まれた2体目のマスター・ドラゴン。強大な力を持っている為ケツを鍛えたデッキーでも相当の難産でありジョーとボルツがデッキーの体内に入り多数のジョーカーズと力を合わせようやく生まれることが出来た。その後に旅に出る為にジョラゴンがジョーを任せられるか見極める為の《ジョリー・ザ・ジョニー》とのデュエルで初登場。ジョラゴン・ビッグ1で終始ジョニーを圧倒し勝利しジョニーからリーダーの座と帽子を受け継いだ。
    • モチーフになった、様々な銃を使い分けるジョニーのライバルキャラの特徴は背中の大砲や腰の銃で一斉にビームを放つ様子やジョラゴンビック1で他ジョーカーズの効果を縦弾として放つ効果で再現されており、アニメでは効果の発動時は手で捨てたカードを吸収し、そのジョーカーズが写った銃弾を放つ演出がされている。またカードスペックは1000しか違わないがアニメでは「ジョニーのあらゆる手段を尽くした攻撃を全て跳ね返すジョラゴン」という強大なライバルキャラのような戦闘シーンが描かれた。
    • 「デュエル・マスターズ!」以降はジョーの新たなフィニッシャーとして定着。ジョラゴン・ビッグ1《ゲラッチョ男爵》《ジョバート・デ・ルーノ》アンタップ能力を使っての連続攻撃が定番となっている。
    • カブト鬼との真のデュエルで心を通わせて以降は、日常パートにもセル作画で登場するようになる(通称『ショートガン・ジョラコンと』)。

関連カード

収録セット

参考


公式Q&A

Q.最初の能力でジョーカーズを7体戻したらコスト0で召喚できますか?
A.はい、可能です。

Q.最初の能力でジョーカーズを8体以上戻したらコストはいくつになりますか?
A.0です。カードのコストは0より小さくなることはありません。

Q.ジョラゴン・ビッグ1の指す「このクリーチャーがバトルゾーンに出た時」で始まる能力とはどういうことですか?
A.文章の最初の■の後が「このクリーチャーがバトルゾーンに出た時」から始まってるテキストのことを指します。例えば、「このクリーチャーがバトルゾーンに出た時」を文中に含んでいても、「■相手のターン中にこのクリーチャーがバトルゾーンに出た時」などのように途中に入っているテキストは該当しません。

Q.複数のジョーカーズを一度に捨てた時、ジョラゴン・ビッグ1で使える能力は1つだけですか?
A.いいえ、捨てたカードすべての中から一つではなく、捨てた各カードについて「このクリーチャーがバトルゾーンに出た時」で始まる能力を1つ使ってよいということです。

Q.最初の能力で《ヤッタレマン》を戻す時、《ヤッタレマン》の持つコストを1下げる能力は使えるのですか?
A.はい、可能です。ただし、ヤッタレマンの能力を使う場合はコストが0以下にならないとあるので、何体戻したとしてもコストは最大で1までしか下がりません。


Last-modified: 2019-01-14 (月) 22:04:34