《スベンガリィ・クロウラー》

スベンガリィ・クロウラー R 水文明 (4)
クリーチャー:アースイーター/オリジン 4000
自分のクリーチャーは、クリーチャーを攻撃することができない。
相手のクリーチャーは、バトルゾーンに出す時タップして置く。

DM-35で登場したアースイーター/オリジン

相手クリーチャーを全てタップインさせるという能力と、自分のクリーチャーが相手クリーチャーを攻撃できなくなるというデメリットを持つ。

相手クリーチャーをタップインさせる能力は言うまでも無く強力なのだが、タップキルが一切できなくなるので、普通の【クリーチャーコントロール】に入れるだけでは活躍できない。

相性のいいカード《死皇帝ベルフェギウス》。相手はタップして置かれたクリーチャーをうかつにアンタップ出来ないので、ロック状態に持ち込むことができる。→【ベルフェギウスタップ】

他には、能力タップ状態のクリーチャー破壊する《悪魔聖霊アウゼス》《時空の凶兵ブラック・ガンヴィート》とも相性がいい。タップインしたクリーチャーを次々破壊できれば軽いロック状態となる。白青黒【アウゼス】を組む際はお呼びがかかるだろう。

また、相手のブロッカー《光牙忍ハヤブサマル》タップインさせることができるため、これらのクリーチャーに悩まされる中速ビートダウンで活かすことができるだろう。

コントロールともビートダウンとも組み合わせられるという、アースイーターらしく一癖も二癖もあるクリーチャーである。何も考えずに使うのは得策ではないので、ぜひ相性のいいカードと組み合わせたい。

  • 名前の元ネタは、ジョージ・デュ・モーリアの小説『トリルビー』に登場する催眠術師「スヴェンガーリ(Svengali)」からだろうか。この小説が評判になったことに伴い、口汚い催眠術師のステレオタイプを創り上げた起源といわれている。
    また、転じて他人を自分の思い通りにするために説得したり命令したりする人の事を指す。能力フレーバーテキストから、このクリーチャーにもそのような傾向がうかがえる。

フレーバーテキスト

  • DM-35
    お前は俺にひざまずくしか術がないのだ!――スベンガリィ・クロウラー

収録セット

参考