《スペリオル・シルキード》

スペリオル・シルキード SR 自然文明 (10)
クリーチャー:グランセクト 21000
Q・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、パワーが12000より小さいクリーチャーをすべて持ち主のマナゾーンに置く。
このクリーチャーがバトルゾーンを離れた時、コストが10以下の進化ではないクリーチャーを1体、自分のマナゾーンからバトルゾーンに出してもよい。
カードをこのクリーチャーの上に置くことはできない。

DMRP-04魔で登場したグランセクト
cipでパワー12000より小さいクリーチャーを全てマナゾーンに送り、バトルゾーンを離れた時に10コスト以下の進化ではないクリーチャーをマナゾーンから踏み倒す能力を持つクリーチャー。

自然でここまで広範囲の全体除去は珍しく、本体もパワー21000のQ・ブレイカーと高スペックな上、除去されてもバトルゾーンを離れた時の能力で後続を用意出来るため制圧力はかなりのもの。

バトルゾーンを離れた時の能力はこのクリーチャー自身もコスト踏み倒しの範囲に入っている為、マナ送りに対しては実質耐性のように機能する。また、《獰猛なる大地》《ヒラメキ・プログラム》といった『クリーチャーを別のクリーチャーに変換』するカードと相性が良く、《界王類絶対目 ワルド・ブラッキオ》《古代楽園モアイランド》などの重量級クリーチャーを同時に複数展開することもできる。単純にこのクリーチャーを早出しするのも強力。

また、カードをこのクリーチャーに置くことはできないという珍しい能力も持つ。カードを上に置く行為はこのクリーチャーを進化元にして進化クリーチャーを重ねることと封印することが該当する。
ただし、バトルゾーンで有効な常在型能力であるため、バトルゾーンに出る前に進化クリーチャーを重ねるマナ進化などの進化元にするのは可能。

環境においいて

双極篇環境では《幻影 ミスキュー》《カブトリアル・クーガ/ミステリー・ディザスター》などで捲ってループに入るためのコスト踏み倒し先として【チェイングラスパーループ】に利用されるようになった。パワー12000未満を対象とする全体除去なので《デスマッチ・ビートル》以外であれば事実上あらゆるコスト踏み倒しメタ除去することが可能であり、《奇石 ミクセル》のように除去が強制のコスト踏み倒しメタならそれに乗じて《連鎖類超連鎖目 チェインレックス》を踏み倒せる。

超天篇ではGR関連のカードにループパーツが揃い、【チェイングラスパーループ】から《グレート・グラスパー》をカットした派生形【チェインシルキードループ】が成立。

ルール

  • もちろん山札にあってこの能力が発揮される=必ず山札の一番上に置かれるということもない。
  • 侵略はクリーチャーの上に重ねることとコストを支払わずにバトルゾーンに出すことのどちらも禁止されていない状態で使用可能なので、このクリーチャーしか攻撃可能なクリーチャーが無い場合は使用宣言自体が不可能。

その他

  • アニメでは「デュエル・マスターズ(2017)」46話で登場。子供が公衆電話型の「とんでもマッシーン」でこのカードを引き当てるも「こんなのじゃなくて《あたりポンの助》が欲しいんだよ」と評されてしまう。

収録セット

参考


公式Q&A

Q.《スペリオル・シルキード》の「カードをこのクリーチャーの上に置くことはできない。」という能力はどういうことですか?
A.このクリーチャーの上に封印を置くことや、このクリーチャーを進化元にして進化クリーチャーを出すことができないということです。
引用元

Q.マナゾーンにある《スペリオル・シルキード》を進化元にマナ進化することは可能ですか?
A.はい。できます。「カードをこのクリーチャーの上に置くことはできない。」という能力はバトルゾーンでのみ有効ですので、マナゾーンにあるこのカードを進化元に選ぶことはできます。また、クリーチャーの下にある状態では特性が失われているので、マナ進化したクリーチャーの上のカードをすぐにはがすようなこともありません。
引用元