《スポーツ大尉(たいい)

スポーツ大尉 R 火文明[ジョーカーズ] (8)
クリーチャー:ジョーカーズ 12000
J・O・E 2(このクリーチャーを、コストを2少なくして召喚してもよい。そうしたら、このターンの終わりに、これを自分の山札の一番下に置く。下に置いたら、カードを1枚引く)
T・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分のシールドを1つ、手札に加えてもよい。(その「S・トリガー」能力を使ってもよい)

DMRP-03で登場したジョーカーズ

T・ブレイカーとJ・O・Eに加えて火文明では珍しい暴発可能なシールド回収能力を持つ。

しかしあろうことかスピードアタッカー逆フュリー・チャージも備わっていない為、J・O・E召喚した場合攻撃できずターン終了時にデッキボトム送りにされる。(他のJ・O・E持ちジョーカーズはほぼ全員何らかの即攻撃可能な能力を所持している)
そのため高いパワーとT・ブレイカーは完全に持ち腐れとなってしまう。

なら能力が強いかというとそんなことはなく、同能力のcipは4マナ《暴発秘宝ベンゾ》が所持している。
いくら色が異なるとはいえ、J・O・Eを使用して軽減してすらも全く割に合わない。

もちろん8マナ払えば普通に場に残して攻撃することも可能だが、その場合あまりにも低スペックである(同コストのT・ブレイカー持ちには《伝説のレジェンド ドギラゴン》が存在する)。

またJ・O・Eを参照するカードとして同弾の《メラビート・ザ・ジョニー》マスター・W・メラビートが存在するが、それで出したとしてもスピードアタッカーを付与する効果などはないため全体除去発動の数合わせ要員と遅効性の手札交換、申し訳程度のcipにしかならない。

一応《キリモミ・ヤマアラシ》と合わせて使うことで5マナでT・ブレイカーを繰り出すことが可能だが、同等の消費で《轟く侵略 レッドゾーン》などが出せることを考えると決してリターンが大きいとは言えない。

全体的にカードパワーが怪しい初期のジョーカーズにおいて特に能力が噛み合っていない1枚であり、レアリティレアであることも考慮するとデザインミスすら疑われる。
他のJ・O・Eは揃ってスピードアタッカー逆フュリー・チャージを持つため、実質的に貧相なcipしか持たないこのカードのテキストは誤植ではないかとの憶測も飛び交った。DMRP-03地雷枠の筆頭候補であろう。

その後Jチェンジ8の登場により多少は救済された。
《ジャンゴ・ニャーンズ》からチェンジすればQ・ブレイカー相当となり前までが嘘のように強力なアタッカーとなる。
ただこの場合《ソー爺さん》という強力なライバルがいる。こちらはシールド暴発によるトリガーの発動か手札補充ができるという点で区別すべき。
またJチェンジで出すもののデッキの色が二色になるのも注意。

  • 名前の元ネタは「団地ともお」の劇中劇漫画「スポーツ大佐」から。
  • 「大尉」を英語で言うと「キャプテン」。《ソー爺さん》《アイアン・マンハッタン》と組み合わせて アッセンブル! させるのもネタデッキとしてはアリかもしれない。《ソー爺さん》と《アイアン・マンハッタン》は「デュエル・マスターズ!」第9話にてそれに関係したパロディを披露している。

関連カード

収録セット

参考