《タバタフリャ》

タバタフリャ C 自然文明 (4)
クリーチャー:グランセクト 4000
自分のパワー12000以上のクリーチャーの召喚コストを最大2少なくする。ただし、コストは0以下にはならない。

DMRP-02で登場したグランセクト

自分のパワー12000以上クリーチャーコストを最大2少なくするコスト軽減能力を持つ。

マナブーストが盛んな自然文明において、このクリーチャーの強みはグランセクトである点。《一番隊 ルグンドド》から繋げて出すことができる。
マナカーブに沿ってコスト7・12000超えのグランセクトに繋げる事もできるが、マナブーストとの差別化のためにも、グランセクトにはコスト4以下で12000を超えるパワーを持つものが存在する点に注目したい。それらのクリーチャー《一番隊 ルグンドド》と合わせてコスト1まで下がることになるので、大型クリーチャーを大量展開することで相手を圧倒する物量作戦がとれるのである。

パワー12000以上のクリーチャーを多数展開することは《天風のゲイル・ヴェスパー》召喚する助けにもなる。

ただし、これらは当然ながら上手くカードが繋がったらの話。このクリーチャー自身はパワー12000以上ではない点も相まって事故の可能性は常につきまとう。
また、いくらコスト軽減ができても手札がなくなってしまえば意味がない。このあたりは《トテントン》などでカバーしたい。

対抗馬となるのは《ボントボ》か。2体以上のクリーチャーを出すのであればこちらの方が軽減できるコストが多く、あちらと違って効果がランダムではないが、あちらは除去《奇石 ミクセル》のような早出しメタに強い。

関連カード

フレーバーテキスト

  • DMRP-02
    なんだかわからないけど、久々に四天王が集結するらしいぞ!とにかく、みんな迎え入れる準備を頑張れ!オレは応援をがんばるぞ! --- タバタフリャ

収録セット

参考