《タルタホル》

タルタホル C 自然文明 (2)
クリーチャー:グランセクト 1000
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の手札にあるパワー12000以上のクリーチャーを1体、見せてもよい。そうしたら、自分の山札の上から1枚目をマナゾーンに置く。

DMRP-03で登場した自然グランセクト

cip手札にあるパワー12000以上クリーチャーを1体見せれば山札の上から1枚目をマナゾーンに置ける。

このカードで見せるためのパワー12000以上クリーチャーを搭載するデッキとしてはビッグマナや準赤単が該当するが、後者ではウィニーバトルゾーンに残る意味がほぼないので前者での採用が前提となるだろう。《母なる星域》系統のデッキであればそのコストにできるので無駄がない。

侵略革命チェンジを行うデッキに初動として入らないこともないが、【赤緑レッドゾーン】に入れるとすると見せるカードが《轟く侵略 レッドゾーン》程度しかないことがネックとなろう。【黒赤緑ドギラゴン剣】であれば《蒼き団長 ドギラゴン剣》とタッチで入れる《百族の長 プチョヘンザ》あたりを見せることになり、4枚積みの《ドギラゴン剣》と、多くて3枚積みの《プチョヘンザ》を見せると考えればcipの発動率は低くない。

《桜風妖精ステップル》と異なりバトルゾーンを離れた時のデメリットがないため、その点では使いやすいカードである。

さらに自然の2コストクリーチャーなので《トレジャー・マップ》からは1→2と繋がる。このカードが初手にあったら《トレジャー・マップ》を使ってこのカードcipで見せるための手札を用意すると良い。

見せるコストの条件の厳しさからやはり緑単ビッグマナでも主流とはなっていないが、これを投入した【チェイングラスパーループ】DMRP-03期のチャンピオンシップで優勝するなど結果は残している。とはいえマナブースト自体は無条件でできる《桜風妖精ステップル》の方が使いやすいのも事実である。

アニメ「デュエルマスターズ!」26話

関連カード

フレーバーテキスト

収録セット

参考