《ダンディ・ナスオ》

ダンディ・ナスオ C 自然文明 (2)
クリーチャー:ワイルド・ベジーズ 1000
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札を見る。その中からカードを1枚選んでマナゾーンに置き、マナゾーンからカードを1枚選んで墓地に置く。その後、山札をシャッフルする。
※殿堂入り

DM-17で登場したワイルド・ベジーズ
cip山札から好きなカードマナゾーンに置き、その後マナゾーンからカードを1枚マナゾーンから墓地に送る。

何も考えずに使っても山札確認・マナ調整が行える効果であり、出し入れするマナを工夫すれば実質コスト1のウィニーにもなる。
墓地肥やしサーチ山札圧縮など様々な用途に使え、さらにパワー1000のクリーチャーが残るため、スペックは非常に良好である。
直接的なアドバンテージは得られないものの、様々な使い道がある、非常に汎用性の高いカードである。

【墓地進化速攻】では、《死神術士デスマーチ》《鬼面妖蟲ワーム・ゴワルスキー》など、墓地進化のお供として活躍する。
2ターン目にこのクリーチャーを出すと、適当なカード山札からマナゾーンに置くことで、丁度1マナ《死神術士デスマーチ》召喚することができる。

ファッティ墓地に落として、リアニメイトの下準備とするのも常套手段。
不死鳥編環境【茄子サファイア】に始まり、【ロマノフサイン】【ロマネスクリアニメイト】【ロマノフリボーン】【グールジェネレイド】など、非常に多くのデッキに採用された。

また、マナゾーンを利用したコンボも可能。
【Mロマノフビート】では《魔弾 ベター・トゥモロー》マナゾーンに準備したり、アーク・セラフィム【ラグマループ】で必要なカードを用意することもできる。

登場から長期間に及び、墓地マナゾーンを利用したデッキの安定剤として活躍したが、2011年7月23日を以て殿堂入りした。これにより墓地肥やしの選択肢が狭まり、【墓地進化速攻】【グールジェネレイド】が打撃を受けた。

依然として優秀なカードではあるが、今後はこのカードのみに頼らないデッキビルディングが求められるだろう。

  • 狙ったカードを墓地に置ける性質からMagic:The Gatheringの《納墓/Entomb》を連想するプレイヤーも少なくない。
  • アニメ「VS」第34話では、コジローの引くリヤカーに乗った置き物(?)として登場。

関連カード

フレーバーテキスト

  • DM-17DMC-29
    「ナス無しじゃ、ダンディな大菜王にはなれねーぜ。」――ダンディ・ナスオ
  • DMC-55
    植える種と捨てる種、どっちも意味があるもんさ。――ダンディ・ナスオ
  • DMX-12
    墓地に手軽にカードを落としたい!?近頃の若者は贅沢ばかり言うのう。
  • DMD-25
    鏡ね...、邪眼一族に代々仕えるこのナスめが祇ねの亡骸、しかと準備させていただきましたぞ。 ---ダンディ・ナスオ
  • プロモ(P29/Y4)
    ダンディな勝者、それがキミなのさ。

収録セット

参考


Last-modified: 2019-01-01 (火) 09:03:45